■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オーディオアクセサリーの謎 (振動と微細エネルギー)
オーディオで最も音が変わる

原因は振動である。


そのことは多くのオーディオマニアはとっくに理解しています。
しかし、最大の問題は、


どうしてスピーカーケーブルに振動対策をして音が変わるのか?

という部分ではないでしょうか。実に不思議なことなのですが、振動対策をすれば音が変わることは多く伝えていますが、「何故変わるのか、理由は」というと本当は誰も答えられないのです。

例えば

スピーカーのコーン紙に何かを貼れば、音が変わるのは当然のことです。

当たり前ですよね。

だってコーン紙が振動するから、その部分に何かを貼れば、振動モーメントに変化が生じて、音が変わります。

嘘だと思うのであれば、自分ののどに指を当ててみてください。


当然音は変わります。


でも問題は、スピーカーケーブルに制振対策をして、何故音が変わるのか、あるいは電源ケーブルやRCAケーブルに同じように対策をして何故変わるのか。


もっと言えば、CDトランスポーターにインシュレーターを入れて音が代わる理由って何?


CDトランスポーターはCDの情報を読み取って、デジタル信号をDACに送っているだけなのに、

何故振動対策すると音変わるのか凄く不思議ですよね。

その答えは、微細な世界から見なければ導き出せないのです。

物性波長に振動が加われば、

物性波長そのものに変化が生じて、音が変わる。


どういう事かといえば、物性波長とは波ですから、その波に振動が加われば、波自体の周期に変化が生じます。そして、その波の周期に変動が加われば、音も変化してしまうという考え方です。


一番わかりやすいのはマスタークロックかも知れません。


セシウム、ルビジュウム、クオーツ(水晶)で音が違う事は皆さんご存じだと思われますが、

何故音が違うのか

その理由は物性的な波長の違いです。

決してジッターの違いで、音が変わっている訳ではありません。 10万年に1秒の時間のズレを人間が関知するのは不可能です。(アナログの時計だって1日1秒位ずれることはありますが気がつくでしょうか)

本当はppmが1でも0.5でも関係ないのです。

でも水晶の上に制振対策すると音は変わります。それは、水晶が持つ物性的な波長に変化が生じるからです。

昔ローカルメールオーダーでも、マスタークロックの交換をしていました。その時にクオーツ1ppmが5万円。クオーツ0.1PPM18万円でした。

「何故同じクオーツなのに値段が違うのか。」と不思議に思いませんでしたか。

よくよく聞いて見るとこういう事だったのです。

1ppmの水晶と、0.1ppmの水晶では、水晶のカットの仕方が全然違うらしいのです。


マスタークロックとは、水晶振動子を利用した発振回路を用いて発生させる訳ですから、カットが変われば、同じ物質でも固有振動が変化するわけです。

やっぱり振動と共振、物性的な波長による音の違いなのです。

だから、以前マスタークロックを交換してくれた人も、

音のいい水晶ってあるし、音のいい回路もある、

最後はすべて耳で確認する


と言っています。

結論

物性的な波長という超微細なエネルギーは、外部からの振動を受けると、共に共振し、違う形のエネルギーとなり音を変化させる。

但し、その音を変化させているエネルギーは音ではない電磁波のような物で、そのエネルギーが音と一緒に脳に入った瞬間に、神経系を刺激し、「心地よさ、やすらぎ」を関知し、音が変わったように聴こえる。

気という超微細エネルギーも振動と共振し音を変化させる。

しかし、測定をしてみると、周波数的には全く変化はない。


それが、オーディオアクセサリーの謎の部分なのです。




スポンサーサイト
超微細実験コーナー | 20:49:09 | Trackback(0) | Comments(0)
オーディオアクセサリーの謎 (物性波長について)
オーディオアクセサリーで何故音が変わるのか。

昔から依然として謎であり、未だに謎の部分が多いのと言われています。

しかし、1つ見方を変えてしまえば、

結構その秘密は簡単なんじゃないかな

と思えませんか。

それは微細な世界からものを見れば通常の科学的なデータでは差のでないものが、差が出てくるからなのです。

例えば

スピーカーケーブルの銅線と銀線でなぜ音が違うのか


「 直流抵抗、表皮効果、静電容量」などいろいろ言われているが

本当はこんな事はちっとも関係ないのです。


すべての原因は、

物性のもつ波長の違い。


ようするに、銅と銀では材質が違うことによる、物性波長の違いから音が違うという事なのです。

そうだと言える証拠


1. ゴールドニッカスに0.2%プラチナを入れただけで、ゴールドニッカスとプラチナゴールドニッカスでは全く別物の音になる。

2. 24金メッキされたヒューズとコバルトパラジュウメッキされたヒューズでは、抵抗値はほとんど変わらないのにもかかわらず、音は全くの別物である。

3.金属にクライオ処理をすると音が変わる。


上の事を解明するためには、絶対に微細な世界をのぞき込み、そこから回答を得なければ、本当の正解は導き出せないのです。


このブログにも書いているように、人からでる波長が「怒りや、笑い、感激」で、その波長の性質や細かさが変わるというのですから、物性がかわれば、そこから出る波長も違うのが当たり前なのです。


そして、その波長の違いこそが音の違いなのです。
B2008-2-20-9.jpg



しかし、波長だけで音が変わるわけではありません。

音が変わる主な原因


1..振動
2..電磁波
3..物性波長



大まかに分ければ、この三つです。
1.2番についてはずっと以前から、多くの人が認めてきた事実なのですが

しかし、3番についてはまだ多くの人が認めていない分野だとは思います。


しかし、この3番を認めない限りは、音が変わるという謎は永遠に解決できない問題なのです。


本当の答えは ナノテクノロジー よりもはるかに細かい波長分野にあるのです。



ナノの世界
10−9 ナノ (nano) n 十億分の一 0.000 000 001

磁化反転光電処理の世界
10−24 ヨクト (yocto) y 一秭分の一 0.000 000 000 000 000 000 000 001



続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


超微細実験コーナー | 19:41:56 | Trackback(0) | Comments(0)
Angel光るコースター ヨーグルト試験リベンジ
1週間感ほど前、超微細エネルギー開発者、ORZさんよりヨーグルト試験の結果報告が来たので、みなさまに、ご報告させていただきます。

以前 CUOさんが牛乳で鮮度保持実験をしていただいたことがありました。
そこで、気合いを入れてヨーグルト試験を行ったのですがそれは、1回目の試験は不発に終わりました。・・・・痛い

しかし、牛乳試験が終わった少し後、開発者(ORZ)はそれと同じように、ヨーグルトで試験をしていたのです。しかも、誰もが知っている明治ブルガリアヨーグルトで。ただ、開発者(ORZ)は、それ以降試験していたこと自体忘れてしまっていたらしいのですが、2ヶ月ぐらい後、ふとそのことに気がつき観察してみると、とんでもない現象が起こっていたらしいのです。

続きは下記をご覧下さい。

うーんまさに 残りものには福がある とはこのことでしょうか。・・・
ちょっと意味違うかも・・・・・・・・・・・・爆)


1週間前の 開発者からのメール

真実の結果で、牛乳試験と同じような現象だと思われます。
「あ、照射は最初の約3時間だけ、11月25日に行い、他は照射していない。(究極の放置プレイ)「というより、存在を忘れていた。」(他にやること多すぎ。・・・汗)

よろしく。



2007年11月25日製造分の同じヨーグルト

光るコースターを照射した区と標準比較区で、普通に放置した。

B2008-1-24-1.jpg


B2008-1-24-2.jpg


B2008-1-24-3.jpg


B2008-1-24-4.jpg


照射区(Angel光るコースターを当てた方)
B2008-1-24-5.jpg



比較区(Angel光るコースターを当てていない方)
B2008-1-24-6.jpg


新品製品の内容量は200gですので、どちらも水分は飛んでいますが、照射区は、普通の揮発だけで減少しただけのようにみえるが、比較区はカビ汚染や腐敗で、死滅した菌中の細胞液まで飛んだのかもしれない。そうでなければ、重量差と硬さ、雰囲気が違いすぎる。

<臭気感応試験>(写真の表面カビをめくった状態での試験)照射区は、甘すっぱいヨーグルトの香りで、何だか食べられそう。比較区は、カビ臭の臭いしかしない。




超微細実験コーナー | 13:06:04 | Trackback(0) | Comments(0)
和の秘湯、和の極 細胞破壊 鮮度保持 実験 その4
ついに本日で「和の秘湯、和の極 細胞破壊 鮮度保持試験」最後となりました。

下の写真を見ていただけるとわかると思いますが相当違いますね。ただあんまり見ているとグロテスクというか何というか。一番下に最新の植物実験の写真を載せておきました。
(たった3~4ヶ月でよくもこんなに。同じ植物とは思えませんよね。でもエンポケにずっとあるのですから、間違えありませんよ。)

日陰放置6日目
(ステン容器に魚を入れて、ラップをして日陰へ静置している)

B2008-1-8-1.jpg


B2008-1-8-2.jpg


B2008-1-8-3.jpg


外見:

和極秘湯区は、標準区に比べ全体的に潤いも光沢もあり、原型を留めている。白菜と同様、標準区は水分が抜けてシワシワになり、完全に腐敗している。標準区はウロコの下の皮部がボロボロになっていたが、和極秘湯区ではしっかり整っていた。

臭い:

両区ともに魚が腐った臭いだが、標準区は、堤防や港でする魚の腐敗臭と同じで、和極秘湯区は、それとは違う臭いで、臭気が弱い。

ちょっと残念なこと

14日の午前中に確認し、正午過ぎに撮影しようと確認したら、カラスにアジだけ持っていかれた瞬間を目撃した。ラップを巻いて、日陰の猫防止していましたが、空からの攻撃には備えていませんでした。それだけ腐敗臭が強く、クレームもきそうだったので、仕方ないですが。
アジの差が、さらに歴然としていたのに・・残念。



エンゼルポケットにある植物です。今から約4ヶ月前の写真。

B2007-9-25-3.jpg


B2007-9-25-4.jpg



下の写真が上の写真から3ケ月後の写真です。

下の葉っぱがぐんぐん伸び、上の葉っぱは3枚しか残っていません。きっとこの鉢の栄養素ではここまでがいっぱいいっぱいなのでしょう。でも、ぐんぐん真上に伸びていっています。
B2008-1-8-4.jpg






超微細実験コーナー | 19:52:07 | Trackback(0) | Comments(0)
和の秘湯、和の極 細胞破壊 鮮度保持 実験 その3

リアルタイム映像が本日届きました。下の写真は今朝撮ったものです。
開発者は今日の午後から2日間出張です。帰ってきたらまた写真を送ってくれるそうです。
確かに「和の極飲んで、和の秘湯を浴びたお魚君たちは」ピンと張っていてますね。


日陰放置2日目

(ステン容器に魚を入れて、ラップをして日陰へ静置している)

B2008-1-6-1.jpg


B2008-1-6-2.jpg


臭い:
どちらも、生臭さとアジのひらきを足して割ったような臭いで、標準区の方が強い。
気温が低く、外の日陰部に置いてある為に、見た目に分かる腐敗は時間がかかる見通し。

数日出張にでるので、時間差でどちらも一気に腐敗が進むのが怖い。


追記

右回転と左回転について


よく北半球の洗面所の栓を抜くと左回りに流れて、南半球の場合は右回りに流れるというネタがありますが、あれは100%ガセです。

超大型台風のみに当てはまるお話ですので・・
回転方向が、地球の遠心力と角度と引力に影響を及ぼす規模は、最低でも東京ドーム何個か分の水と、栓の回りや栓の角度が、絶対水平でなければ、ありえない話です。

あなたの自宅の洗面所の水を流して下さい。
どうでしょうか?毎回同じ方向の回転で流れませんか?
では?ほんの少し栓の回りに何か抵抗を付けて下さい。
些細なことで逆方向で流れますよね?それは、洗面所の形状や家の傾きや、栓自体が水平でない等が関係した水の回転なのです。

<何で、こんな否定文を書いたか?>

それは・・・実際に天然で、右回転水、左回転水と出合ったことがあったから・・どっちやねん!
(これは電子スピンや回転方向とは関係ないとのことでしたが)
電子で考えたら、どこからみたら右回転なのか?
原子が回ったら、電子はドッチ向きなのか?
電子の回りを回っている物質は何なのか?


それがわからなければ、正確な情報発信はできないと思うからです。




超微細実験コーナー | 17:59:07 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。