■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Kさんからの超微細レポート続編 その2

エピア(超微細エネルギー加工)をモニター販売します。

期間
2008年 2月 10~14日 --------5日間。
モニター数 →4名
エピア(超微細エネルギー加工)  1本
価格   3,500円 (弊社送料負担)

人数多数の場合は抽選とさせていただきます。

さらに詳しくは → ここクリック

B2008-1-19-3.jpg


-----------------------続き--------------------------

③「エンゼルルームライト」&「森の電源タップForPC」
エンゼルルームライトの電池を、森の電源タップForPCで充電しました。
掲示板で書かれていたエネループです。なんと、超微細エネルギーを充電した電池で、エンゼルルームライトをつけてみると、ぐぁっとエネルギーが強く出ているのが感じられます。
これまた掲示板ネタで恐縮ですが、マロさんのコースターのアイデアを拝借。
呼吸器に効く石をエンゼルルームライトの中に仕込んでみました。
ちなみに、マイナスイオン塗料も、電池を入れる場所に塗っております。
そんなエンゼルルームライトを照らしながら寝ると、翌朝の呼吸がすごく楽になります。
敏感な私は、しばらく浴びるだけでも、鼻と丹田が直通しているほどに呼吸が楽になるのです。恐るべし、エンポケ的あわせ技でございます。

④「和の極」で食欲増進
実験の詳細は述べられません。「和の極」でおかわりに来る子供たちが増えたということです。

一割り増しというところでしょうか。

⑤「Muのある教室」
B2008-1-23-1.jpg

教室にMuが登場してから2週間ほどは、ブームでした。休み時間にMuを写生する子供が何人もいました。かぶる子供、盗む子供、振り回したくなる子供。やむなく「先生の大事なアンテナ」ということで、私の机以外への移動は禁止しました。

Muの効き目は、やさしいです。なので、怒っているときにMuを持ったら急激に静まるかというと、そんなことはありません。しかし、一番そばに置きたいのは、私かもしれませんね。
なぜか安心してしまうからです。




スポンサーサイト
森の電源タップ | 17:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
森の電源タップforPC モニター報告 その5
本日は、森の電源タップforPC モニター報告 その5をお送りいたします。

よく「アポロとの相性はどうなのでしょう」という質問があります。
あえてここでいいますが、全く問題ありません。

これはあくまでこちらサイドの見解ですが、アポロ技術と超微細エネルギーではエネルギーの質が違うからです。何故かといえば、超微細エネルギーは電磁波に対する効果とは全く無関係のものだからです。 対するアポロは電磁波に対して効果のあるものとうたっている訳ですから、その辺でもぜんぜん交わらないわけです。

その辺は、今後ゆっくりお話していきます。


広島県 T様

森の電源タップ forPCについてレポートいたします。
ちょっと連絡が遅れたのはテーブルタップを納める箱を作っていたのも原因でした。
で、最初にやはりPC用ということで、ノートパソコン(2年落ちのVAIO)でベンチテストをしてみました。結論から言うと誤差の範囲でした。体感的にも変わらなく逆に多少遅くなった気がしました。パソコンを使用するのは決まって深夜で他の電化製品も使用していませんし、その他のグッズを使用していたりしていますので、家庭内の電気の状態が、元々良いのかもしれません。疲れにくいとかモニターが見やすくなるとか言われておりますが、正直よく分りませんでした。

次に、オーディオに接続してみました。元々あった自作の電源タップを取り外し、自作の箱の中に五色の石を敷き詰めた中にセットし、アース部はビニールテープで塞ぎ接続して視聴してみました。
B2007-11-25-1.jpg


これについては、音を出した瞬間、音量が大きくなったことがすぐに分ります。アポロとはちがう傾向ですね。スピーカーのサランネットを取った感じ言えばよいのでしょうか?または古いCDが再販でデジタルリマスターされた感じというのか。
ベールが1枚も2枚もはがれた感じ、コンサートで前のほうの席に移った感じといえばよいのでしょうか。
鮮度が上がった感じという表現が一番もっともらしいのかも知れません。
以上短いですがレポートとさせていただきます。


それから余談ですが、アポロサンサンムーンを入れた携帯電話をズボンのポケットに入れるようにしてからは不思議と、静電気が起きなくなりました。たまにパチッときてポケットに電話を入れていないのに気づきやっぱり違うなと改めて思いました。持っている方はお試しください。

B2007-11-25-2.jpg


B2007-11-25-3.jpg


ついに掟破りのコースター2段重ね。両方持っている方はぜひお試しを。

B2007-11-25-4.jpg


ブレーカーには定番のアポロシンムーン50mmです。アポロ酔いしそうですね。爆)




森の電源タップ | 20:27:26 | Trackback(0) | Comments(0)
森の電源タップ For PC  お客様より感想
本日はお客様より「森の電源タップ体験レポート」が届きましたのでお伝えさせていただきます。

下の写真は私の1人娘です。「超微細エネルギーを浴び続けると、IQが高くなる。」と聞いたので我が家ではイルミネーションブルーをつけっぱなしにしています。
「大人は」と開発者に訪ねると「大人の場合は、子供の2~3割程度かな。でも生きている以上は誰でも効果はあるよ。」といっていました。ちょっとあやしい話ですが、「娘が大学受験している18年後ぐらいには結論が出ているかな」とか思っています。

B2007-11-21-5.jpg


とにもかくにも、皆さん

メリークリスマス

幻想的な光りでしょう。森の電源タップに挿すだけで70%以上の効果はあります。
B2007-11-21-6.jpg

超微細エネルギーの影みたいなものが見えませんか?


東京都 k様

★★★★森の電源タップ For PC 編★★
for PC ということで、さっそくPCに使用してみました。

B2007-11-21-1.jpg


モニターの雰囲気が変わります。
目の疲れが軽減されます。
目がショボショボすることが減ったと思います。
家ではパソコンつけっぱなしなので、24時間、超微細エネルギーを放出するモニターとなってしまいました。

調子にのって、森の電源タップ For PC を使った「超微細エネルギー加工 ハロゲンヒーター」を使うようになりました。

B2007-11-21-2.jpg


ズバリ、暖まり方が早いです。
芯まできます。
体に悪い?ハロゲンヒーターが、体に良いかもしれないハロゲンヒーターになったかもしれません。

さらに調子にのって、「超微細エネルギー加工 携帯電話」も愛用しております。
この携帯電話は優れものです。
持ってるだけで超微細エネルギーを出しっぱなしなのですから。

B2007-11-21-4.jpg

「超微細エネルギー加工 携帯電話」をカメラモードにして、夜間撮影用のライトを点灯しました。そこにタバコを置いて、光を浴びせてみたのです。

一服・・・・

フハハハハ!!
抜けている!
味が良くなっている!!!


なんと、「超微細エネルギー加工 携帯電話」でも味を良くすることが出来るようです。 さて、クリスマスシーズンと相まって、「超微細エネルギー加工 クリスマスツリー」を楽しむようにしました。

B2007-11-21-3.jpg


すでに正規の製品で、Angelイルミネーションブルーがあるそうなのですが、手元にないため、30年前から愛用しているクリスマスツリーを超微細エネルギー加工してしまいました。

これがすごいのです。

その辺でよく見かけるイルミネーションとは次元が違います。
Angel光るコースターやAngelルームライト と同傾向の光になってしまったのです。
なにか甘い蜜を閉じ込めたような密度感が放散されているのです。

部屋の雰囲気はやはり変わります。
何よりも見ていて幸せな気分がほんのり湧きそうな気がします。

さて、気になるのはオーディオへの効き方でしょうか?
森の電源タップforAudio が発売されたそうですが、想像するだけですごいですね。
いや、想像もできないほどの次元に到達していることでしょう。

店長は「クール」と仰っておりましたが、このforPCバージョンですら、かなりいい音がするのですから。音が光っているのです。
たとえるならば、『秋の月夜の草むらで、心やさしい剣の達人が、日本刀で居合い切りをしている』っていう感じです。

光が見えるのです。
ホールでのオーケストラでもいいです。夜のジャズクラブでもいいです。
照明がの光がさまざまな楽器に反射して、私たちの目に飛び込んできますよね?
ライトアップされたボーカリストの衣装や顔、瞳の光が私たちの目に飛び込んできますよね?

そんな光が、音から見えてくるのです。

当然、エンポケの皆さんがお手持ちのグッズでケーブルやコンセントをチューンアップすれば、その効果がよりはっきりしてきます。森の電源タップforPC ですらこれくらいすごいのですから・・・本格派である「森の電源タップforAudio」に期待せずにはいられません。

ともあれ、家庭内のあらゆる電化製品を超微細エネルギー加工してみたいという方には、森の電源タップforPC をお勧めできます。



森の電源タップ | 12:14:21 | Trackback(0) | Comments(0)
森の電源タップforPC モニター報告 その4
本日は「森の電源タップforPC モニター報告」その4をお送りします。

昨日発売した、「和の秘湯」の効果はあまりに凄くて、言葉にできないくらいです。
私は、オフコースが好きだったのですが、お風呂に入った瞬間に「あぁ~」と言ってしばらく無言。10分くらいして「ラララ、ラララ」と口ずさんでしまいました。本当に「言葉にできない」ですね。

下の写真はお風呂に入れている写真です。

B2007-11-15-1.jpg

「バスクリーンみたいに色が付きますか?」というメールが来ました。
そんなことは全然ありません。30ccでは色は変わりません。

B2007-11-15-2.jpg

説明書にキャップで7杯~9杯と書いてありますが、めんどくさければ、Syn-Sui(シンスイ)旧名DNP21に付いていたキャップを利用すると凄く便利です。 (キュップ1杯山盛りで7g、ただ普通は5~6cc×7杯 35cc シンスイキャップ山盛りで40ccです。ちょうど計算はうまくいきます。)
B2007-11-15-3_20071216163349.jpg



ちょー気持ちいい 

もう過去の言葉になってしまったようですが、ピッタリの言葉です。


新潟県 「ハヤリモノ大好き」さん

森の電源タップのモニター報告をさせて頂きます。まず、会社で使用するので3口ダイレクト接続です。

モニター1.PCにて

会社のノートPC(Core2duo T7500/1.0GBメモリ/Windows Vista Business)をバッテリー内蔵のままパワーON/OFFを有り無し各3回実施しましたが、結果は、森の電源タップを使用しても起動時間、終了時間は変化ありませんでした。

また、最初森の電源タップだけで8H仕事をしましたが、LCDの光が強く感じられ目が疲れてしまい、急遽アポロα-Genesis初期モデル「ムラコン」を追加してPCを使用した処、直ぐに楽になり目の疲れも何時もより楽になりました。 その後、ムラコンを外しましたが、効果が持続しており現在も森の電源タップだけでも目の疲れは楽なままです。(恐るべきムラコン)でもオススメとしては、ムラコン直結か森の電源タップ+ムラコンです。

皆さんも試してみて下さい。

モニター2.PC+MP3プレイヤーにて会社のノートPCにUSB接続でケンウッドHD30GB9(ヘッドフォンはSHURE社のE4g)を使用してテストしてみました。

今迄は、ムラコンに600円の6口タップを接続して使用していましたが、森の電源タップだけでは音量が少しダウンして脇の小音量の演奏まで良く聞こえるCoolな音となりました。この状態でバッテリー駆動で冬道を歩いたら

余計に寒い感じがしました。 このCool現象はムラコンに接続した森の電源タップだけでも残っています。やはりオススメはムラコン直結か森の電源タップ+ムラコンですね! 
音量がアップしHotな感じがで私はお気に入りです。

差して直ぐにHotになりますし、3個連続で接続したらさぞかし凄いと思いました。

P.S. Bhado多機能を2枚使って挟むと更に音量がアップするのでとても

オススメです。

B2007-10-21-1.jpg


森の電源タップ | 12:31:53 | Trackback(0) | Comments(0)
森の電源タップ モニター感想 その3
こんにちは 広瀬です。

本日は森の電源タップモニター報告 その3をお送りします。

森の電源タップ forPC・・キットをモニター購入させていただいたFです。HdbenchとCrystalmarkの結果を添付しておきます。重いかな?すいません。
B2007-10-2-12.jpg

静岡県 F様
とりあえず自作のパソコンに使ってみました。マザーボードはASUSTeK CUSL2-C、Intel Celeron (Coppermine-128K)566MHzを850MHz駆動。

グラフィックボードはGeForce FX 5200、128 MB、HDは120GBのIC35L120AVV207-1、Ultra DMA/100。これに PLEXTOR CD-R PREMIUM2やSONY CD-R CDU948SでCD-Rを焼くのに主に使っています。(メインが壊れているのでサブのこちらで検証)

OSはWindows 2000 Professional Service Pack 4です。ACコンセントからアポロの、アルファジーニアス、TEACの六連タップ、そこからアポロBS-1コンセントを二個経由してPC電源を取っています。(Ge3の要石やケプタ、ストーンヒーラー等も使用しています。)森の電源タップは3pinタイプですが、TEACのタップ以外に挿せる環境でなかったので、接点が増てきちんとした評価でないとは思いつつ、ただTEACのタップとアポロBS-1コンセントの間にいれました。

アポロやGe3グッズ等はそのままです。
(外すのが大変だし、シンムーンやら、Bhadoも使っているので…)
まず、起動時間。手動のストップウォッチで測定。

森の電源タップ挿入前。慣れないせいか誤差が大きい気がしますが…

1回目 1′26″.62  2回目 1′25″.77 3回目 1′25″.26 
タップ挿入後 
1回目 1′26″.47  2回目 1′26″.87 3回目 1′28″.46 

接点が増えたせいか、若干遅いか、手動で誤差の範囲でしょうか。明らかに早いということはありませんでした。で、翌日。

タップ挿入 4回目(本日1回目)1′32″.13  
      5回目(本日2回目)1′32″.72

…これは遅くなっているのでは。ベンチマークの結果も若干落ちているようです。でも接点が増えた分、致し方ないのかな?


タップ挿入前1回目
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Celeron 857.97MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step 3]
Cache L1_Data:[16K] L1_Instruction:[16K] L2:[128K]
VideoCard NVIDIA GeForce FX 5200
Resolution 1024x768 (32Bit color)
Memory 261,596 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2007/11/07 10:25

標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラ
プライマリ IDE チャネル
IC35L120AVV207-1
セカンダリ IDE チャネル
PLEXTOR CD-R PREMIUM2

Adaptec AHA-2940U/2940UW/2940D PCI SCSI Controller
SONY CD-R CDU948S 1.0k
SONY CD-R CDU948S 1.0j

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
18811 38944 38785 11208 13251 17406 24
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
23536 22715 5713 251 30152 24932 2495 D:\100MB

タップ挿入後1回目
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
Processor Celeron 859.69MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step 3]
Date 2007/11/07 22:30

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
17750 38937 38788 11208 13198 17487 24
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
21984 22339 5593 251 25877 23719 2226 D:\100MB

タップ挿入後4回目(翌日1回目)
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
Processor Celeron 857.97MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step 3]
Date 2007/11/08 21:57

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
18381 38930 38785 11208 13208 17487 24
Rectangle Text  Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
23583    22328 5458 251 28795 24110 2265 D:\100MB

スピードについてはこんな結果でした。
スピード向上にこのタップは、劣悪な環境にめげずに実力を発揮する、なんて事は期待しない方が良さそうです。シンプルにこれだけを使うべきなのでしょう。

あと、モニター画面についての変化は、自分にはあまりわかりません。ただ、以前よりは長時間眺めていてもそれほど疲れていないようです。(しいて言えば、対策未<Ge3の防守使用<防守使用+森の電源タップ)

音については、このPCはサウンドカードがCreative SB Live! Basicで、
ONKYOの GXW-5.1につないでいます。(でもリアはセットしてません…)ゲームで使用する以外、ほとんど音楽を聴くことはありませんでした。でも、今回HD内の音源やCDを聴いて、思わず笑ってしまいました。
以前ははっきりわからなかったり、気にとめていなかった音が聞き取れます。低域から高域にかけての音のバランスが、中低域に厚みを増した感覚で、解像度が上がったというか、聞き手である私の認識力があがったような。

ただ、個人的にはある程度音量をあげて違いを楽しんでいるので、小音量でわかるのか、と聞かれると…自分のこの環境では難しいです。でも、これはまともなオーディオシステムに使ったらハマると感じました。


データ

導入前1dounyu-mae1.html

導入前2dounyu-mae2.html

導入前3dounyu-mae3.html

導入前4dounyu-mae4.html

導入前5dounyu-mae5.html

タップ1tap1.html

タップ2tap2..html

タップ3(翌日) tap3(yokujitu).html

タップ4(翌日) tap4(yokujitu).html

タップ5(翌日) tap5(yokujitu).html




森の電源タップ | 11:07:41 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。