■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
USA(491)超微細ACプラグ モニター その1
本日は USA(491)超微細ACプラグ モニター報告 その1をお伝えします。

CUOさんから、年末の牛乳の様子が届けられました。
それにしてもAngel光るコースターは恐ろしい製品ですね。
際私もここまでとは思っていませんでした。

B2007-11-30-1.jpg


今年は終盤に信じられないような実証結果をみることができて楽しかったです。
来年も色々と楽しみにしております。

CUOさま、今年いろいろとありがとうございました。


東京都 S 様

B2007-11-30-2.jpg


さて、コンセントタップ月光に続いて電源プラグの報告です。
別館号に紹介された「究極の電源コード」は大変魅力的ですが、ちょっと抵抗して、わたくしは今回のプラグ491にゴールデンストラーダを組み合わせ、その上にBBBではなく、例のアブソリュートシールド塗料和紙バンド---AWB?を巻いてみました。

接続するアンプと「月光」からの距離も短いためケーブルは50cm。
他に私の持っているのは、レクストのZ-PRC01、マロウ電源ケーブル、AETのSCRAC(これ
だけAWB巻き)の3タイプ。接続をとっかえひっかえ、試しました。
自作作業の贔屓目からも?当然、断然、今回の491AWB微細エネルギー加工ケーブルが最高です。

月光」のヒターッと静かな中に情熱のある空気感の創造の上に月光にきらめく刃のような鋭い切れ味と明快な音場感を創り出しています。創り出すといっても癖をつけているという意味ではなく、より生きた音楽を再現してくれます。
通電して50時間ですので、これからさらに熟してくれるものと思います。
07年最後の買い物、モニターも大満足の商品でした。
08年もさらに期待大!!!チャレンジャー、エンゼル顧客の先頭グループに入れて
もらいますよ~。よろしくお願いします。ではよい音至(オトシ)を~。


S様今年1年いろいろとありがとうございました。
来年は別のプロジェクトもあり、それもとても楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。


皆さんよいお年を



スポンサーサイト
超微細エネルギーACプラグ | 13:54:14 | Trackback(0) | Comments(0)
ふぞろいなプラグたち モニター報告 その5
こんにちは皆さん。 エンゼルポケット店長広瀬です。

本日のテーマは、ふぞろいなプラグたちモニター報告その5です。

B2007-9-22-1.jpg



宮城県 YK 様

2本分いただきましたので、アンプとCDプレーヤーに使用してみました。
まずアンプに使ってみました。ケーブルはベルデンで、プラグの違いを確認しました。

 生音がとても生々しく聞こえ、セパレーションがよくいい感じでした。ただ、高音の伸びが少ないかな?と感じました。そこで、CDプレーヤーにも追加。 聴きやすくなったのですが、明らかに高音がなくなりました。先に書かれていた人が数日経つと変わると書いていたので、数日待ってまた挑戦しました。結果は変わらず、やはり高音が伸びなくなっています。 これで聴きやすくなっているのかな?

 あと、歌で怒りを訴えていた曲の迫力がなくなっていました。これは荒々しいものをなくす作用かもしれないと妙に納得していました。 CDプレーヤーへは音が伸びなくなるので、NGです。アンプだけに使用するのは曲によってはいいかもしれません。期待していたのにちょっと残念な結果になってしまいました。 

このケーブルはPCに使用したいと思います。

一緒にいただいたコースターはとてもいい感じです。こちらは高音も伸びて、生音に近くなります。どうもありがとうございました。機会があれば、またよろしくお願いします。





超微細エネルギーACプラグ | 10:57:02 | Trackback(0) | Comments(0)
ふぞろいなプラグたち モニター報告 その4
こんにちは皆さん。

エンゼルポケット店長広瀬です。


超微細エネルギー加工のモニターなどは今後このページに入れていきます。
今ものすごいですよ。
何かといえば、
問い合わせが、
信じられないくらいです。


この未知なるテクノロジーが少しずつ世間の人にうけ
入れられている証拠だと思っています。これからも奇想天外のアイデア
を駆使してお送りしたいと思います。

別館号より面白いかも・・爆)

ふぞろいなプラグたち モニター報告 その4

神奈川県 I様

B2007-9-22-1.jpg


今回はCD再生による検証をしました。
まず、オーディオ機器の説明から。接続の順番に列挙します。

・CDトランスポート:TEAC P-700(メカ改造済み)
・D/Aコンバータ:自作(DAC BB 20bit)
・アンバランス入力→バランス出力への変換アンプ:自作
・プリメインアンプ:Accuphase E-305V(バランス入力使用)
・スピーカー:長岡式 20cmフルレンジ単発+スーパーツイーター
 ネッシーの小型版です。

今回の検証はCDトランスポートの電源ケーブルで行ないました。
他の機器は全て電源ケーブル直出しで使えません。

現状の電源プラグ:
オス:松下電工 WF5018
メス:ヤマテ AP-400
ワイヤー:オヤイデ L/i 50 1m(4芯スターカッド接続)


比較のために今回製作した電源ケーブルは同じオヤイデのワイヤー
を使用しました。現状のワイヤーの末端処理はメガネ型圧着端子に
よるネジ止めですが、今回のオス・メスプラグは、共にメガネ型の
圧着端子が使えず、丸い単芯の芯線を挟み込むタイプのため単芯型
の圧着端子を使用しました。4芯ケーブルをスターカッド接続する
ので、2本ずつ接続穴に挿入しての製作となりました。

ここから試聴結果の報告です。

場所が場所だけにあまり変化はないのではと思っていましたが、
最初の音出しの瞬間、エンゼルポケットでの音の変化と同じ傾向の
変化がありました。
音の見通しがよくなり、音源の周りにまとわりつく付帯音がかなり
消えました。でも、音のバランスは崩れました。楽器によっては、
遠くに引っ込んでしまったり(パーカッション)、低音がスカスカ
になったり、ノイズのワサワサ感はなくなってピントはシャープに
なりましたが、違和感を覚えました。

第一印象は以上でしたが、時間の経過と共に変化が起こるであろう
と思いましたので、実験は続きます。

試聴用のソースは、渡辺貞夫の「ランデブー」です。
機械的な合成をしたマルチトラック録音ですが、恐らくリバーブは
デジタルリバーブではなく鉄板エコーのため、最後まで消えゆく所
が鮮明ですし、素材が異なるパーカッション(金属、木、革)や
ボーカル等アナログ的要素が多い事と「スタッフ」の面々のプレー
も秀逸ですので、よく試聴に使っています。
本当は「土と水」がよかったのですが、今手許にありませんので。

1時間ほど経過後の音質は以下の通りです。

システム全体が馴染んだのかも知れませんが、当初悪かった音の
バランスはかなりよくなりました。特筆すべきは、音像の定位が
とにかくハッキリして、そこここと指さす事ができる事です。

合成された残響成分が他の音源に被さる事がないため、残響成分の
変化する範囲が明確に分かります。最初と同様に音の見通しはよい
ので、一つ一つのパートが明確になり、今まで気が付かなかった音
やタッチの違い(人が演奏しているので、ばらついて当たり前です
が「スタッフ」のメンバーの演奏の正確さはピカイチです)がよく
分かります。逆に、ノリのための場所場所でのタメの意志やセンス
がよく分かり、演奏者と一体になって演奏を楽しめました。

付帯音がなくなる事により、演奏が遅く感じられ、ゆったりとした
気持ちで試聴が楽しめました。

そこで、更に実験を。
仕事柄出張が多く、週末にしか試聴できないので、1週間後に再度
実験をしました。

1.電源投入直後の音
一番最初の音のバランスの悪さはなく、先週の試聴終了時の状況と
似た感じでした。システム全体が馴染んだ証拠かも知れません。
でも、時間が経つと更によくはなりましたが・・・

2.電源ケーブルを元に戻した場合の音(1時間経過後)
システム全体が馴染んでいるのと、どなたかがよい影響が残るとか
言われていたので、興味がありました。
元の電源ケーブルに戻した瞬間・・・すぐに元に戻りました。
元々の音も決して悪くはないのですが、全体に薄いベールがかかり
ました。

3.再び新しい電源ケーブルに替えた時の音
この場合、よい状況にすぐに戻りました。

超微細エネルギー加工プラグの使用により、面白い変化が起こると
思いますが、私のシステムの場合には安定するまでには時間が必要
でした。私のシステムは気配を感じる音場や自然志向ですので、
うまくマッチングしたのかも知れません。
ただ、見通しがよくなった分、別の不満足が出てきたのも事実です。
まだ1週間程度の話ですので、その不満足は解消されるかの知れま
せんので、経過を見たいと思います。

今回は、ここまででモニター報告とさせていただきます。





超微細エネルギーACプラグ | 18:46:07 | Trackback(0) | Comments(0)
ふぞろいなプラグたち モニター報告 その3
本日のテーマは、ふぞろいなプラグたちモニター報告その3です。

お客さんの意見というものは本当に貴重だなと再認識させられました。

超微細エネルギー加工製品特にプラグ等は多少のエージングが必要だと
思います。今後購入のお客様も「アレおかしいな」と思ったとしても2
~3日様子を見て下さい。

B2007-9-22-1.jpg


『不揃いなプラグたちモニター報告』
S/A LABのハイエンドホースシリーズ、SACの両端プラグを、マリンコオ
ス+USA製491(フォーナインエース)ロジウム・メスの超微細エネルギ
ー加工プラグに付け替えてみました。電源タップはCHIKUMAのCPS-230
です。

プレイヤーはマランツのCD4000、デジタルアンプにDrAMP HiFi OjiSpeci
alを使ってます。ケーブルSACは高域と低域がやや強調されますが、明る
く元気のよい音調です。

届いたその日、プラグを取り付けた直後の音は満足できるものではあり
ませんでした。上記のような音調のケーブルにもかかわらず、静寂さは
感じられるが、躍動感が感じられず、つまらないケーブルになってしま
ったと思いました。

それで2日ほど、音楽用途に使うのをやめ、ハロゲンヒーター用に使っ
てました。こちらのほうは直後から、通常少しきつい感じの熱が、やさ
しく芯から温まるヒーターにまろやかに変化したのが分かりました。

 数日後、再び音楽を聴いてみて驚きました。失われたと思っていた躍
動感と、静寂さが融合したような、元気があるんだけど、聴き疲れのな
い音に感じられたからです。まるで、わたしの好みの音調に、超微細エ
ネルギー加工プラグが微調整してくれたかのようです。
ケブタテープもチューニング後、数日間の潜伏期間のようなものがある
みたいですが、これも同じように感じました。

購入直後、満足できない音質でもしばらく消費電力の大きな家電を使用
して、電源ケーブルのトレーニングをしたらいいのかもしれません。

 この超微細エネルギー加工の製品が登場した時期は、私にとって深い
意味があり、何か新しいエネルギーの可能性を感じます。例えば、聞き
手によって音が変化したり、同じ聞き手でも日によって、音が変わった
ように聞こえるかもしれません。ほかにも電子レンジや、ドライヤー、
電動シェーバーなどで試してみたくなる、楽しめそうな製品でした。




超微細エネルギーACプラグ | 23:20:59 | Trackback(0) | Comments(0)
ふぞろいなプラグたち モニター報告 その2
本日も引き続き ふぞろいなプラグたちモニターをしていただいた方か
らの感想を掲載させていただきます。モニターの方も書いているとお
り、プラグの場合は片方だけでは十分な効果を発揮しません。オス、メ
スセットでお使い下さるようお願いします。


皆様にお知らせです。11月になったら、超微細エネルギー加工製品を2
つ出す予定です。その中には皆さんがきっと全然予想していないようなもの
が含まれていると思います。ご期待下さい。でも決して高価なものでは
ありませんのでご安心下さい。爆)


東京都 M様

B2007-9-22-1.jpg


-----------------------------------------------------------------

「超微細エネルギープラグ」を使い電源ケーブルを作ってみました。
組み合わせたケーブルはCSEのAC250EX。

今回は、デジタルアンプに繋ぐ電源ケーブルを交換しました。

交換前はNBSステートメントACで、比較対象にも成らないとタカをくくっ
ていたのですが出て来た音楽を聴いて、狐につままれた思いです。数日
間通電し、入れ替えても感じる印象は同じでした。当然好みもあります
が超微細エネルギーは「何か」が確実あります。何なんでしょうね、こ
れは。

輪郭がクッキリ明瞭。三次元さが増して、独特の低音を感じます。量感
がありながら繊細で心地よいです。所定の位置からベースやドラムスが
以前よりも「より生っぽく」聴こえます。高品位なオーディオ表現をサ
ラっとこなしてくれました。なんだか「新たに」感じる事が多すぎて、
文章で表現するのが難しいです。

接続図:
壁コンセント → CSE電源 → βジーニアス(改) → 超微細電源ケーブル
→ デジタルアンプ

FOL電源フィルタの効果もあり、これ以上は望めないと思っていたのです
が、ディープです。都内のマンションなので、特に大きな効果があった
のかも知れませんが「値段がつけられない」そんな印象を持ちました。


実験で、βジーニアスのプラグを超微細コンセントに変えてみた所、片方
では効果はあまり感じられませんでした。電源ケーブルの様に、オスメ
ス両方でないと本領は発揮されない様に私は思いました。

今後の商品展開、壁コンセント(レビトン希望)インコネプラグ、など楽
しみにしています。

-----------------------------------------------------------------
おまけ:

一緒に買ったルームライトを観葉植物(サンスベリア)に照射してます。
本当に成長が速いです、写真を撮るべきでした・・・。
そして、電源を入れ点灯させてから、そろそろ1週間経ちますが未だ点灯
してます。思ったより電池の持ちが良く、ちょっと嬉しいです。

それでは失礼します。
マリンコ版の微細エネルギープラグも購入確定です(^^





超微細エネルギーACプラグ | 23:17:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。