■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
超微細エネルギー加工の究極の目標は森林テラピー
超微細エネルギー加工の最大の特徴は「その加工技術に鉱物
系、セラミック系、のものは一切使っていないこと
」なので
す。

そういえば、ここ数年は「エンポケは鉱物屋」といわ
れる程鉱物系の製品を多く扱ってきました。2006年の「年間ランキングの中でも
今年は鉱物ばやり
」という言葉を使っていたのをよく覚えてい
ます。例えば、ジェネシスサウンドシリーズ、テラクリーン、
マイナスイオン関係、アポロ製品、
等々。
そんな中で1つ言えることは、鉱物系の限界というのも見えてきたよう
な気がするのです。
でもそれは決して、鉱物系を否定するのではなく、「鉱物系に
プラスαが必要」
という理論です。


例えば

人間の体には、炭水化物、ビタミン、ミネラル、タンパク質等が必要と
言われていますが、鉱物系がビタミン、微細なエネルギーがミネラルと
いうふうに考えるとわかりやすいのではないでしょうか。ビタミン、
ミネラル両方摂取すればさらに良いということなのです。

とりわけ微細なエネルギーとマイナスイオンとは究極的に相性のよいも
のだと言われています。

*微細エネルギーとはなにか?
大自然が持つ穏やかな波長のエネルギー。 

大自然の定義は?
人間が介していない奥深い山々で、朝陽とともに周辺へ滞在する微細エ
ネルギーのこと。

*森林浴に近いが、精神安定や健康に関することは、マイナスイオンだ
けではなく、マイナスイオンを除外したエネルギーの事。(木々や地面
や空気や空や宇宙含む) 


これが開発者からもらった、微細なエネルギーの概要なのですが、これ
だけだと意味分からないと思いますのでもう少し具体的にお話します。

人のいないような森林の奥深くには、大自然が持つ穏やかな波長のエネ
ルギーがつねに充満してるらしいのです。超微細エネルギー加工とは、
その大自然が持つ穏やかな波長のエネルギーを、例えばAngel光るコース
ターやAngelルームランプにそのままコピーしたものなのです。どこのコ
ピーしたのかといえば電気が流れる部分です。

その緩やかな波長は、電気的エネルギーを与えられることにより増幅
し、電気そのものの性質が変換されてしまいます。

ここで問題なのはそのエネルギー自体は何なのかということです。
開発者に聞いたところ「究極的には波」という答えでした。それも、本
当に微弱で微細な波です。
ただ、開発者も私も、波というよりはむしろ「ゆらぎ」と解釈していま
す。

ここからは森のお話し。

B2007-9-21-1.jpg



開発者は東というよりは西の方なので、そのまま関西弁で書いてみまし
た。(関西方面の方表現が誤っていたらごめんなさい。)


開発者
「例えば、広瀬さんが山にいってキャンプしたとして、朝日が出るのを
見て、『スガスガしいな』と感じるとすれば、その原因の多くは微細な
エネルギーのおかげなんやで。」

広瀬
「えうそ、キレイな空気や水や、そのシュチュエーションが原因だと思
っていたのに。ということは、今ブームになっている森林テラピーなん
かも、ある意味微細なエネルギーは相当関係が深いということ。」

開発者 「うん。すくなくとも俺はそう思っとる。や
はり、いろんなこと言っても、自然がもつエネルギーこそ最大。これに
はかなわんのやな。それに関してだけは間違いないと思うで。」


広瀬 「まあ確かに、森林浴で気持ちがリラックスす
ることはもちろん、実際に身体の免疫力が上がったり、血圧が低下する
などは、科学的にも、その効果は認められているよね」


開発者
「だから、今回作ったAngelルームライトなんかは、オフィスにいるとき
なんか付けっぱなしにしていたら、最高や。出来ればお店で売っているS
kyBLUEとかいう電球と一緒に使ったりしたら、効果は2倍、3倍や。」

広瀬
「あ、そうか。そういえば森の中ってマイナスイオンもいっぱいあるも
んね。」

開発者
「とかく世間では、マイナスイを煙たがっている人も多いけど、確かに
マイナスイオン一つの働きなんかそんなに強くはないんや。複合的要素
が必要ってことや。世の中って、1つのものだけに目が奪われがちなん
やが、でも複雑にいろいろなものが絡み合って、フルスペックのパワー
を生みだすんや。森の中なんかは、キレイな空気、キレイな水、マイナ
スイオン、微細エネルギー、フィトンチッド等が全て複雑に絡み合って
いる。」


この間深夜番組で、映像作家の高城剛さんが出ている番組をみてふと思
ったことがありました。彼はよく北海道に行くらしいのですが、その一
番の理由は「疲れをとること」らしいのです。東京などで電気的なマッ
サージをしても全然つかれはとれないが、湖の畔でテントをはって一晩
寝るとものすごいよく、疲れがとれる。と言っていたのを思い出しまし
た。

でもエンゼルポケットもある種そういう空間になりつつあるような気が
しています。しかし、きれない空気と電磁波問題だけは、そう簡単には
行かないでしょうが。爆)

長くなったので今日はここまでにしますが、
超微細エネルギー加工製品の目標は、「大自然に近づく」ということな
のです。

それをオーディオに使用した場合の究極的な目的は
すきな音楽を聴きながら、穏やかな健康状態を維持する
」ということなのです。



スポンサーサイト
森の電源タップ | 18:47:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。