■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
光るコースター特殊実験 お客様レポート その2
以前CUOさんという方から、Angel光るコースターの牛乳の鮮度保持実験
リポートを頂いたので、掲載させていただきました。その第2弾の報告
がきました。

大変興奮した感じで、メールを送って下さいました。
私もそのデータ内容を見て大興奮。 (だって信じられますか皆さん。
たった5分牛乳にAngel光るコースター
を当てただけで、1ケ月経っても、「まだ飲めそうな感じ」というので
すから。しかも冷蔵庫にも入れていないで。)

やはり、超微細エネルギー加工はただ者ではありません。

今森の電源タップをモニターしていただいているお客様、余裕があれ
ば 冷蔵庫にも使用してみて下さい。きっと効果あるはずです。

和の極 を飲んでいる方は、きっと体も鮮度保持されているに違いありません。
(一緒に長生きしましょう。爆)

何故牛乳を希釈したか?

牛乳のBrixを下げる(希釈)することによって、腐敗や変質の影響を受
けやすくなる為に、いつもは3倍希釈で「比較差」を確認していた。
さらに、水道水は塩素が含まれている為に、天然水での希釈をすること
で、「比較差」を明確に表すことができる。(比較区とエネルギー区を
早く腐敗させて、途中の差を確認する設計でなければ、違いが分かりに
くいものばかり)

しかし、超微細エネルギーの場合、短時間間接照射であっても、2倍希
釈で、これだけの差が出るから(未だに新鮮)、衝撃的だった。この場合、従来の、両者の
腐敗を早める為の希釈ではなくて、照射区を如何に腐敗させるか!?の
為にさらに希釈しなければならないことが分かった(過去にありません)

超微細エネルギー加工光るコースターの鮮度保持の影響を観察
する為の予備試験
(途中経過)


合計500gになるように水道水を足す 5分だけの照射を2日に分けて
する
B2007-10-11-1.jpg

B2007-10-11-2.jpg


*2回だけの5分照射後は5m以上間隔を置いて、暗所へ保管

11月3日(17日目)
B2007-10-11-3.jpg

   ↑              ↑
  固形分        ほとんど固形分無し。
 (比較)         (照射区)


写真では伝えにくいですが(ここまでは2回目の試験)比較区は濃厚な
乳製品が腐ったような強い臭気で強く嗅ぐと、嗚咽する。照射区は、固
形分がわかりにくく、強く嗅いでも、普通に乳製品の香りがする。
【信じられない結果が出た<報告No2>】

2007/11/12(26日目)

(比較区) 
半透明(固液分離)  

    ↓                         
B2007-10-11-4.jpg

    ↑
固形分が沈殿している

                       照射区
                        ↓
B2007-10-11-4.jpg
                  
                         ↑
              上面だけ若干固形分が付着透明(固液分離)しているが、まだ液状                                      

                                 
<香り比較>
(照射区)ふつうに牛乳の薄い香りがして、知らない人は間違いなく口
に入れるレベル

(比較区)5名に嗅いでもらったら、全員嗚咽して、恨まれた程の悪臭

超微細エネルギーは、間違いなく 鮮度
保持機能を持ち合わせている。


いや、そんなレベルを超えた自然派エネルギーでしょう。今ま
での攻撃的?な波動系やエネルギー系とは次元が違う結果です。


<他社製のエネルギー系で、微妙な差が出る場合の試験設計>

*次回は、乳酸菌や麹菌等での発酵予備試験の設計を検討中ですが、楽
しみです。




スポンサーサイト
Angel光るコースター | 00:18:45 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。