■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
森のスピーカー 響(ひびき) について

エンゼルポット 一ノ関が森のスピーカー響きの設計思想について語っています。

じっくりご覧下さい。


プロローグ ・・一ノ関 元一

エンゼルポケットの一ノ関です。このたびは超微細加工の森のスピーカーを設計することになりました。まずは小型スピーカーから出して行こうという事で、その設計の方針を考えました。それは、リラックスして長く聴ける音にしようと考えました。

他の市販品の小型スピーカーを見てみると、どうでしょうか。現在、市場には多くの小型スピーカーが出ています。安いものから高いものまでありますが、ここ数年、エントリークラスの小型スピーカーのラインナップが多いと思います。それらの雑誌での評価を読むと、決まって書かれるのが、「このクラスとは思えない鳴りっぷり」もしくは「このクラスとは思えない充実した低音」という内容の文章だと思うのは私だけでしょうか。どれもがクラスを超えているならば、それが普通なのではないかと思います。では、安い小型スピーカーに足りないものは何かと言った時に、私は音の自然さだと考えています。

どういう事かと言うと、小型スピーカーは「小型の割りにこんなに音が出ている」と思わせるために、音に特徴を持たせているものが多いです。比較的安い小型スピーカーを買う人は、初心者が多いと思われますが、初心者は音に特徴があるものを好むと考えられ、店頭効果を狙った音作りがされています。特に小型スピーカーは、他のメーカーのスピーカーと一緒にずらっと並べられて聴き比べられることが多く、その中で際立たせる音作りをしているのではないでしょうか。輪郭を強調したような音作りが多いと言えるでしょう。

このようなスピーカーは、いざ自宅に持ち込むと、初めは良くても次第に癖が耳についてきます。オーケストラを通しで聴く場合、曲によっては1時間以上、そのスピーカーの音を聴き続けるのです。私は、サブシステムで遊ぶ場合は別として、メインのスピーカーは絶対に自然な音作りの物が良いと考えています。今回も、そのように設計方針を決めました。
・・・続く



森のスピーカー物語「プロローグ」は響の商品ページでも見れます。

森のスピーカーの基本方針を「リラックスして聴ける自然な音」と決めました。そのスピーカーの方式を考えたとき、小口径フルレンジが候補にあがります。そこで、前からローカルで販売している無印の6cm小口径フルレンジ(フレーム7cm)が目に留まりました。実は今まで見逃していたのですが、よく聴いてみると素直で好ましい音がしているではないですか。小口径なので、さすがに低音の量感は少ないですが、そこを補ってやれば、かなり良いスピーカーが出来そうと感じました。その方法は後ほど書きます。

このユニットを手に取った人は、ずいぶんマグネットが軽くて頼りなさそうと思われるかもしれません。しかしこれはネオジウム・マグネットなので軽いのです。そして内磁型の磁気回路ですので、結果的に防磁型になり、合理的な構造と言えます。

B2007-12-1-1.jpg


特にいいと思ったところは、音に無理が感じられないところです。どういう事かと言うと、例えば、小口径でも低音や音圧を出せるようにするために、ストローク幅を大きくとった構造のユニットがありますが、効率などが犠牲になり、鈍い音になっているものが多いと思います。それでは、せっかくの小口径の細やかさを殺していることになり、好ましくありません。この6cmユニットにはスペック表がないので、詳しく知るために分解してみました。その構造は、無理のない、とてもオーソドックスな作りになっていました。音にもそれが出ていて、素直でナチュラルです。

次は、このユニットを使った設計の話に続きます。



スポンサーサイト
響(ひびき) | 17:49:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。