■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
右巻き 左巻き の謎
最近メール等で超微細エネルギーに関する、いろいろな質問が増えてきました。
そこで、質問内容と開発者の回答を少しずつブログに掲載していくことにします。
これで理解されるかどうかは不明ですが、笑) 一生懸命回答していきたいと思っています。


Aさんより

はじめまして。Angel光るコースターについて聞きたいのですがよろしいでしょうか?
アポロの光波動コースターは左巻きを右巻きにする性質があるとのことですが、こちらの光るコースターも右巻きにする性質があるのでしょうか?


開発者 回答

ご質問が多少抽象的なので解釈が合っているか不明の部分もあるのですが、原子周りの電子スピンや回転向きのことでしたら、整列させることはあっても、回転を逆にすることはできません。

万一、できるようですと、自然の摂理を無視するようなことですので、そのようなものを製品化は致しません。

オカルト的な右回り・左回りの解釈ですと、塩=右回り 砂糖=左回りのエネルギーだと解釈されているようです。(土俵に塩を右回りで撒く風習も(撒き向き無視のお相撲さんもいますが)締めて怪我をしないようにとのことらしい)

 そうであれば、「Angel光るコースターは緩やかな右回り。無は緩やかな左回り」となるのでしょう。
オカルト的な意味であった場合、ゆっくり抜きたい時に、常に身の回りが強引な右回りエネルギーだったらどうでしょうか?多分寝る時に、目が回ったり、頭が冴えて良いことになるのでしょうか?

ということで、超微細なエネルギーは右・左ということではなく、与えて活性させたり抜いて従来の振動エネルギーに戻したり、という分別です。

b6-24-2.jpg


広瀬より

「素粒子、原子、電子、」は全てスピンしているし、月も地球も太陽も全て回転(自転)しているのだから、くるくる回るということはとても大切なことなのだと思っています。(厳密に言えば、回転しているというよりは、振動してるらしいのですが。)

開発者が7年くらい前私に「入れる方は右、抜く方は左」と言っていたのを、ついこの間、思い出しました。だから、Angel光るコースターは右(入れる)で無「mu」(抜く)ということなのだと思っています。

ただ、いくらAngel光るコースターがすごくても、原子周りの電子スピンや地球の自転を反対にすることは絶対に不可能ですので、そこはご了承下さい。

私は中島みゆきの「時代」という曲は大好きです。
「回る、回るよ、時代は回る」 ・・・ウームすばらしい曲です。爆)




スポンサーサイト
Angel光るコースター | 19:24:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。