■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オーディオアクセサリーの謎 (測定器と人間)
オーディオアクセサリーで何故音が変わるのか。

今度は測定器と人間のとらえ方の違いについて述べたいと思います。

一言で言えば

測定器はただ単に、時間と空気の

振動(周波数特性)しか計測していないが、

人間はその他の情報もすべて計測している。


おそらく、これがオーディオの世界でもっとも分からなかった部分であると確信しています。


つまり、人というのは周波数特性の音だけを聴いて、音の善し悪しを判断しているのではないのです。

B2008-2-20-4.jpg


一番わかりやすう例は 

映像です。


全く同じ音源であっても、映像が入ってしまうとその瞬間から、音のイメージが違ってくるのではないでしょうか。

それでは映像とは何でしょうか。 それは光なのですから、電磁波ですよね。
それも、科学的に言えばナノメーターの電磁波です。しかも、耳ではなく目でとらえている訳です。

でも、音を判断するのはあくまで脳ですから、

音に影響してしまうわけです。


だから、コンサートに行って生録しても、家に帰ってその時の音楽を再現しても、ぜんぜん違うと感じてしまうわけです。

それは、

視覚が違う 、臭覚が違う、 気配が違う 

だからなのです。家とコンサート会場では、映っている映像が違いますし、そのコンサート会場と家では臭いが違うでしょうし、なにしろアーチストから発せられる、気配が違います。


だいぶ話が脱線しましたが、


つまりオーディオアクセサリーによる音の違い

とは、微細なエネルギーを人間が感じ取ることが

出来るから音が違って聴こえるのです。



つまりスピーカーケーブルによる、銀線と銅線の違いは、「 直流抵抗、表皮効果、静電容量」などというモノとは全く関係なく


微細な物性波長が脳に届くから 

音の違いを認識してしまうのです。



これは、スピーカーケーブルだけに限ったことではなく、オペアンプやコンデンサにも言えるわけです。

だってこれらのモノだって、物理的な測定データはほとんど差がないわけです。

でも普通のオペアンプとCOP-01というオペアンプでは

天と地ほど音の差が出る訳です。

この事だって、本当はまだ科学的には解明されていないわけです。


スピーカーの素材で 紙、ポリポロピレン、アルミ、マグネシュウム、アラミド、使用していて、どれも全然音が違います。これだってある意味物性的な波長の違いです。


ただ、上のどのユニットを使用しても、宇多田ヒカルの声を認識出来ない人はいないでしょう。


しかし、スピーカ-ユニットを交換すれば、


絶対に音は違って聞こえます。


だから、

音を認識することと、音が違って聞こえることは別次元のお話しなのです。


音なんか、になやったって、たいして違わない。

と思っている人は、音の認識に違いが少ないと言っているのだと思っています。


微細な世界の物性波長は、機械には測定できません。しかし、今最先端の科学技術は、物性波長について全力で、研究し続けていることも事実なのです。


もちろん、という超微細エネルギーもその対象の一つとなっています。




スポンサーサイト
超微細の秘密 | 20:16:35 | Trackback(0) | Comments(0)
オーディオアクセサリーの謎 (物性波長について)
オーディオアクセサリーで何故音が変わるのか。

昔から依然として謎であり、未だに謎の部分が多いのと言われています。

しかし、1つ見方を変えてしまえば、

結構その秘密は簡単なんじゃないかな

と思えませんか。

それは微細な世界からものを見れば通常の科学的なデータでは差のでないものが、差が出てくるからなのです。

例えば

スピーカーケーブルの銅線と銀線でなぜ音が違うのか


「 直流抵抗、表皮効果、静電容量」などいろいろ言われているが

本当はこんな事はちっとも関係ないのです。


すべての原因は、

物性のもつ波長の違い。


ようするに、銅と銀では材質が違うことによる、物性波長の違いから音が違うという事なのです。

そうだと言える証拠


1. ゴールドニッカスに0.2%プラチナを入れただけで、ゴールドニッカスとプラチナゴールドニッカスでは全く別物の音になる。

2. 24金メッキされたヒューズとコバルトパラジュウメッキされたヒューズでは、抵抗値はほとんど変わらないのにもかかわらず、音は全くの別物である。

3.金属にクライオ処理をすると音が変わる。


上の事を解明するためには、絶対に微細な世界をのぞき込み、そこから回答を得なければ、本当の正解は導き出せないのです。


このブログにも書いているように、人からでる波長が「怒りや、笑い、感激」で、その波長の性質や細かさが変わるというのですから、物性がかわれば、そこから出る波長も違うのが当たり前なのです。


そして、その波長の違いこそが音の違いなのです。
B2008-2-20-9.jpg



しかし、波長だけで音が変わるわけではありません。

音が変わる主な原因


1..振動
2..電磁波
3..物性波長



大まかに分ければ、この三つです。
1.2番についてはずっと以前から、多くの人が認めてきた事実なのですが

しかし、3番についてはまだ多くの人が認めていない分野だとは思います。


しかし、この3番を認めない限りは、音が変わるという謎は永遠に解決できない問題なのです。


本当の答えは ナノテクノロジー よりもはるかに細かい波長分野にあるのです。



ナノの世界
10−9 ナノ (nano) n 十億分の一 0.000 000 001

磁化反転光電処理の世界
10−24 ヨクト (yocto) y 一秭分の一 0.000 000 000 000 000 000 000 001



続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


超微細実験コーナー | 19:41:56 | Trackback(0) | Comments(0)
波長 細かさと質
波長には2つの種類がある。
1 波長の細かさ
2. 波長の質

といいましたが、もう少し突っ込んでお話ししたいと思います。

波長の細かさ とは、文字通り どの程度の細かさなのかということです。

無(mu)      ∞ 無限大
超微細エネルギー 推定 10-40乗
磁化反転光電処理 推定 10-23乗

ですね。


もう一つの質はこれがある意味一番問題です。

「開発者 ORZは 1人1人波長が違い

そして感情の起伏によっても、波長が異なる」


これが質です。波長領域は言葉では説明できません。


要するに、 

怒りの波長

笑いの波長

では波長の細かさも違えば、波長の質も変わってくるのです。それが同じ人間であっても変化するのですから、人が違えば尚更です。


だからよく人は言います。

あの人からはすごいオーラが出ている。 

これは事実で、その成分も微細な世界の波長成分なのです。

そこで、無です。

無という製品は、ある意味微細な世界の波長成分を吸い込んで、常に平均化しようとする働きがあるのです。


B2008-1-23-1.jpg


そこでこれが合い言葉です。


すごく頭に血が上ったときは、無(mu)を触ろう。


すごく浮かれているときも 無(mu)を触ろう


すごく哀しいとき無(mu)を触ろう



無(mu)は今の時代にピッタリな製品だと思いますよ。(自殺者3万人なんて、多すぎです。)


人間切れちゃダメです。

平常心これが一番大事でしょう。


超微細の秘密 | 20:20:40 | Trackback(0) | Comments(0)
微細な世界と気の世界。
エンゼルポケット別館号でも盛んに 気の世界を取り上げています。

超微細エネルギーや磁化反転光電処理は 気の世界と関係はあるのでしょうか。


実は大いにあるのです。

何故かといえば

気のエネルギーというものは

 微細なエネルギー




だからなのです。

気のエネルギーと呼ばれているものが、まだ測定できないのは、その波長があまりにも短いからなのです。(たぶん間違えない)

だから測定できない、しかしいろいろな面で実証されている。 実際に今日では、気というエネルギーを信じている科学者は実は多くいるのです。また気を科学的に証明したいと、実際に取り組んでいる科学者もたくさんいます。

では、特に人間が出す 気の波長成分とはどの程度なのか。


それは、磁化反転光電処理の波長 10-23乗

超微細エネルギー 推定 10-40乗

の中間あたりの波長ではないかと考えられています。

当然光(電磁波)と同じスピーで進んでいきますが、そのエネルギーは非常に小さく、測定器ではまず検出できません。そして、その細かすぎる波長の為に観測は不可能です。


そして、無限大に広がりながらも、常に発生と消滅を繰り返します。


そんな弱いエネルギーを人間や

動物は関知することができるのです。



開発者 ORZ は言います。

気や思想も 微細なエネルギーである。 そしてその微細なエネルギーは、人によっても違うし、心が変化しても異なった波長域が出る。

さらに開発者は

波長には2つの種類がある。

1 波長の細かさ
2. 波長の質

この2つを両方求めていかなければいけなんだ。

といっています。
B6-16-1.jpg


つまり あまりに超微細な世界では

科学とオカルトの境目がなくなってしまうのです。


ワームホール(Wormhole)だってある意味オカルトだけど、無いと言えなくも世界の話ですよね。



超微細の秘密 | 20:07:40 | Trackback(0) | Comments(0)
磁化反転光電処理の正体。

磁化反転光電処理の波長成分は

磁化反転光電処理 推定 10-23乗

といっているのですが、その元となる成分はなんだったのか、それは今からさかのぼる事10数年前
出来事です。

開発者は、今から数億年前に宇宙からやってきた、大変珍しい隕石に偶然手に入れました。
その隕石は誠に不思議なもので、放射線も遠赤外線も出さないという、とても不思議なものだったのです。
yujun.jpg


その鉱石を専門的に分析していた科学者は、

とても微細な波長を出す鉱物である。

この微細なエネルギー波長は、地球上の

あらゆる生命に対して有効な波長である


と言いました。しかし科学者は

使い方を誤ると、とても危険なものにもなる。

とも言っていました。その科学者はORZの事を当時から高く評価していたのです。

そして、その時から、微細エネルギー物語が始まったのです。

その後この波長成分を彼はそっくりコピーすること成功したのです。

開発者ORZの高い技術力は、そっくりその波長をコピーすることだったのです。




磁化反転光電処理 | 19:49:39 | Trackback(0) | Comments(0)
超微細エネルギー 、磁化反転光電処理の 違い
開発者 ORZが一番最初に開発した エネルギー技術は磁化反転光電処理であった。
その後、超微細エネルギーになり、無になった。
これは当たり前のことで、波長の短いものほど難しいからだ。

素粒子物理学や宇宙論が抱えているさまざまな問題も実は、目に見えない部分の超微細な部分なのだ。

1.ダークマターとは
2.超ヒモ理論とは
3.ワームホールは実在するのか
4.ホワイトホール
5.ブレーンワールド仮説
6.グラビトンの存在

などなど。実はこの辺の話と、超微細エネルギーはダブってくるお話しもあるのです。
ていうか、上の理論を追求していく手だては、やはり素粒子の解明にかかっているのでしょう。

ここで、ちょっとだけ分類してみました。



波長が短すぎて波が時空的に存在できない。もはやエネルギーを放出する事は不可能。別名プチブラックホール(何でも吸い取る)

超微細エネルギー

宇宙最小の極超短波長。非常に弱いエネルギーのため、違うエネルギーの手助けが必要。主なものに、電気、光、磁石などがある。効力も緩やかなため常時使用可能。

磁化反転光電処理

波長自体は極短であるが上2つの波長に比べると荒い。ただし非常に強いエネルギーを持っている為に、いざというときは一番頼りになる。 オカルトと呼ばれる領域は、この波長帯に集中しているだろうと予測している。


問題はその波長はどのようなものを

使用しているの?


それはまた次回。

超微細の秘密 | 19:37:31 | Trackback(0) | Comments(0)
TB青丸 大破。
5月の末 

ついにTB青丸の電池が切れました。
2007年の12月からだから

ほぼ半年

恐ろしいほどの長寿命です。

B2008-4-8-1.jpg


B2008-4-8-2.jpg
 


しかしこの後電池を交換しようとして、

TB青丸を落としてしまい、大破させてしまいました。・・爆 現在商品化されている TB青丸は上蓋を外さなくても電池交換できますので、とっても便利です。

ということで現在は、プロトタイプではないお客様がお使いのものと同じものを使用しています。


B2008-4-8-3.jpg


本当はこちらの方が 寿命が長いようなので、

恐らく次の電池交換は正月過ぎになるでしょう。




TB青丸 | 20:21:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。