■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
超微細エネルギーの秘密。 その1
ところで、「超微細エネルギーについて、いまいちよく分からない」と思っているお客様は、まだまだたくさんいるのではないでしょうか。

「私自身、説明不足かな。」と思ったりしているのですが、「説明すると言うことは非常に難しいことだ」と、いつもながらに思ってます。

じゃ まず結論から

超微細エネルギーとは

植物、動物、人、といった生命体を構成する細胞や、そこに寄生する微生物、細菌に対してよい影響を与えるもの。

それが超微細エネルギーの真実です。

これにはもう一つ重要なキーワードがあります。

物性的波長

というものです。

まず一つずつ順を追ってお話ししていきます。


例えば、ここに2つの水があります。

1つは、水道水
2.つは、天然水(世間一般に美味しいといわれている水)

これを飲んだときに、味に違いがあることは誰でも分かると思います。それは、水道水には塩素が入っていたりするからです。でも最近はよい浄水器が出回っているので、そういう物を付ければ、塩素は除去できるし、不純物を取り除くことは出来ます。でもそういうことをしたからといっても、やっぱり、天然水の方が美味しいと思うでしょうし、体に対して優しい感じがするのではないでしょうか。


それは何が違うのかと言えば、

天然水には豊富なミネラル成分が

入っているからです。

でも不思議ですよね。ミネラル成分(カルシウム 、ナトリム、カリウム等)は目では確認出来ないし、臭いも無い、でもそれを飲むと美味しいと感じる。

これは、超微細エネルギー的角度から物事を見た場合、

細胞は物性的波長を見極めているから、

私どもでは解釈しています。 (のっけから大笑いされた方もいるでしょうが、そっれは間違いのない事実なのです。)

 カルシウム、ナトリウム、カリウムなどといったミネラル成分は、それぞれ違う波長成分を持っていて、その波長成分を細胞や腸内細菌は一瞬にして見分けることが出来るのです。


ちなみに、その水の中に少し毒物(お腹が下る程度)を混入したとします。さてあなたの体にはどのような変化をもたらすでしょうか。


たちまちトイレに直行

となります。それは、細胞がその毒物の波長成分を見抜いたからです。

勿論この話はあくまで仮説で、学会等で認められている物ではありませんが、開発者ORZも私(広瀬)も間違い無いことと確信していることなのです。

何故トイレに直行なのか?

それは当たり前の話なのです。そんな物が体に残っていたならば、体の中に毒が回ってもっと大事な部分を痛めつけてしまうか可能性があるからなのです。

少し話を変えます。

それがウイルスならばどうでしょうか。

風邪は誰でも一度くらいはかかる病気です。その原因のほとんどはウイルス感染による物ですが、でも私達は感覚として自分の体の中にウイルスが侵入したことは気がつきません。

まして、小さすぎて目に見えません。

でも細胞や腸内細菌は ウィルスにすぐ気がつくことが出来るわけです。それは凄いことですよね。
だって細胞には目も耳も無いわけですから。


細胞は一瞬にしてウィルスの波長成分を関知し、関知した情報を各臓器の細胞に発信している。
と考えています。(仮説です。)
B2008-5-30-2.jpg

病気にならない生き方 2 実践編 の著者 新谷先生はその本の中で「細胞と微生物はコミュニュケーション(情報交換)している」と言っていますが、これは間違えの無い事実だと思っています。

超微細エネルギーはそれらの情報が正しく伝達されてることを助ける働きをすると考えられています。

私は今までオーディオの分野から物性的波長について述べてきたのですが、その話を全く違う物に置き換えると、自然と受け入れられるような気がしませんか。


よく世の中には

目に見え無い物は信じられない

目に見える物こそ真実である


とか言う人がいますが、逆に私は
「ウィルス見えますか、水の中に入っているミネラル成分はは見えますか」
と、そういう人に問いかけてみたいのです。


では何故、一瞬にして波長成分の違いを見抜くことが出来るのか?それは細胞の中にある遺伝子が生命が誕生していらいのデーターを持っているからです。そのデータは膨大なものだとおもいますが、
そのデータがあるからこそ、私達の体には免疫機能が携わっているのです。

生命誕生から数十億その情報は受け継がれて現在の生命があります。そういう過去の膨大なデータベースの中から

「危険なもの、そうでない物を」

細胞は一瞬で見抜くことが出来るのです。

そういう意味で言えば、現在の我々の生活は非常に危険です。

それは、過去生命が経験したことのない様な環境の変化により、細胞自身の判断力が鈍ってきているからです。

現在私達人間が直面している様々な危機を羅列しておきます。

1.かつて無いほど、電磁波を浴びている
2.かつて無いほど、大気が汚染されている。
3.かつて無いほど、水が汚染されている
4.かつて無いほど、土壌が汚染されている。
5.かつて経験したことのない、薬を飲んでいる
6.かつて無いほど、食品添加物を食べている
7.かつて無いほど、化学合成された物質を摂取している。


ひどいですよね。

こういった生活をしていけば、ガンや糖尿といった生活習慣病やアトビー、花粉症などが増えるのは
当たり前なのだと思うのです。

そういう物を何とか改善と思っているアイテムの一つが超微細エネルギーなのです。


ここで一つご報告

かつて、磁化ライトを浴びせ続けて、葉が枯れてしまった幸福の木ですが、新しく芽を出しました。
わずかな可能性にかけて、Angelイルミネーションブルーの側に置いていたのです。

B2008-5-30-1.jpg



よく見てもらえば判ると思いますが、Angelイルミネーションブルーに向かって芽が出ています。
単なる偶然でしょうか?それとも

この話は明日も続きます。


「ゆがんだ物性的波長

を本来あるべき姿に戻す。」

というテーマです。これは世界中の学者も医者も研究者もほとんど知らない本当の?話なのです。
爆)

お楽しみに。
--------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
超微細の秘密 | 11:08:07 | Trackback(0) | Comments(0)
幸福の木に劇的な変化が
「磁化ライトを使用して幸福の木を咲かせる実験をしている最中である。」というお話しは以前からしています。そんな中で、この1月幸福の木に劇的な変化が起こったのです。
今日はそのことをお伝えします。

その前に磁化ライトについてのおさらいです。

磁化ライトとは、

青い色の電球型蛍光灯とシュードに磁化反転光電処理をほどこしたもの。超微細エネルギー加工されたLEDライトよりもエネルギーが強烈で、その為植物に照射する場合は1日 5~10分の照射が望ましい。

とされています。
下の写真がシェードと電球型蛍光灯です。
B2008-6-5-8.jpg

以前1日8時間近く照射し続け、幸福の木が枯れてしまった。と言うレポートをお届けしました。

B2008-5-10-1.jpg

そしてこの白い鉢の幸福の木は、開発者の言いつけを守り、1日5分~10分の照射をし、すくすくと葉っぱも成長していきました。

B2008-6-5-1.jpg

しかし、写真を見てもらうと判るように、幹の部分がら目が出てきました。そして、その幹の部分から出た芽がたった1週間くらいで急成長したのです。


しかし、葉っぱが急成長したことと比例するように、今まで青々と成長していた元からあった葉がだんだんと枯れてきました。

B2008-6-5-2.jpg

B2008-6-5-3.jpg


その後、約5日おきに写真をとりました。


B2008-6-5-4.jpg

B2008-6-5-5.jpg

B2008-6-5-6.jpg

最初にお話ししたように、「幸福の木は5~10年に一度花を咲かす」と言われているのです。
それがたった1ケ月でここまで様々な変化が起こるとは正直驚きました。

しかも1日たったの5~10分照射で !!

お客様から以前 「青い光が植物育成に役立っているのではないか」という質問を受けたことがあります。たしかに世の中には植物育成ライトというのはあるのですが、その植物育成用のライトは主に

赤い光

がメインなのです。植物の葉がその波長を一番吸収する領域は660~680nmそこに青の領域波長を少し足すことによって、もっとも効率のよい光合成を促すのです。

詳しくは → ここクリック



ただ今の状況を見ると本当に成長しているのか、枯れているのかよく判らない部分もあるのですが
、今日撮った写真を見ると又新たに芽が出てきたのです。

B2008-6-5-7.jpg


やはり、磁化反転処理は強力なエネルギーを持っているということは間違いないと思っています。

今後も詳しい情報をお伝えしていく予定です。


磁化反転光電処理 | 19:06:55 | Trackback(0) | Comments(1)
ミラクル・スピン(Miracle-Spin)
本日の話題は、ミラクル・スピンについてす。

実はこの製品の構造については、私やORZが開発した物ではないのです。
私の友人Sという人物がこの製品を開発したのです。
理工学部出身のSは某企業の研究所勤務です。そして、ローカルメールオーダーの隠れファンであり、同時にアンチローカルメールオーダーファンでもあるのです。

よくアンチ巨人ファンという言葉がありますが、あれは私流の解釈からすれば、熱狂的ファンということだと思います。昔私の知り合いにも、そういう人間がいて、巨人戦を見ながらいつも「負けろ、負けろ、打たれろ、打たれろ」とブツブツ言いながらテレビを見ていました。翌朝の新聞も必ずチェックしています。

私からするとそんな人間は絶対に


熱狂的ファンなのです。

Sというのは、大体そういうタイプの人間で、
私がローカルメールオーダーのHPを更新すると、必ず電話やメールをしてきて、

「又こんなあやしいもの販売するの、

信じられない」

と茶々を入れるのです。

そんな彼も、何故か超微細エネルギーだけは興味があるらしく、滅多にローカルの製品は買わないくせに、これだけは購入したのです。
(しかも、Angelコースターをお友達価格で)

そんな彼はノマールの人間かといえば

全然そうではありません。私から見るととても不思議な人間なのです。


ある時彼といつもの調子で口論となったとき

「人のことけなしてばかりいないで、少しはアイデアだしてローカルの販売に協力しろ。」

というと、

「あるよ。とっておきの温めていたアイデアが」

と言い出しました。


何それ

「電磁波を仮想的にスピンさせることができる形状があるんだ。今までの超微細エネルギーの説明を自分なりに解釈すれば、電磁波を反射させるような物体(金属)でその模様を作れば、きっと面白いことが出来るよ。」

そういわれました。

その後彼から、具体的な図面が送られてきました。

それを見てビックリ。

何これ

S   「これは、液体を攪拌する為に適した形をしているんだ。」
広瀬 「液体て、電磁波の話だろう」
S   「研究して分かってきたことなんだが、液体の上を伝わる波も、電磁波の波も基本的な構図は一緒なんだ。そして、この形は間違iいなく、理想的な渦電場を作る形状と私は確信している。また電子のスピンとも相性がいいはず。」

といわれたのです。


その話を聞いた私は、

何が何だか全く分からずチンプンカンプンでした。

ただ彼が こんなに真面目に物事を語るのは初めてでした。、どちらかというと2人でいつもオチャラけて冗談話ばかりしていたものですから、彼の言葉を信用してみることにしたのです。

早速ORZさんに連絡しました。私の頭の中では金属をこんな加工にしてくれるのは、無(mu)を製作した彼しか思い浮かばなかったからです。

最初は思いっきり拒否されたのですが、何とか説得して加工してくれたのです。

それが、ミラクルスピンです。
B2008-5-27-1.jpg



ORZさんも私の友人Sが気にいったらしく、「どうせなら、表と裏違う処理してみようか」
といわれました。


だから、ミラクルスピンは正面から見て

先端がとがっている方が時計方向に向いている方が、「超微細エネルギー加工」
先端がとがっている方が反時計方向に向いている方が「磁化反転光電処理」

になっているのです。

一応確認のためORZに、「ごちゃ混ぜにはならないよね。」と尋ねたところ、「それは心配ない、空中に吊したり、液体の中に入れたりすれば別だけど、しっかり面に向かって置いた場合は問題ない」といわれました。(これもある意味意味不明ですがね。爆)

ただ1つ疑問が起こりました。

正面から見て「先端がとがっている方が時計方向に向いている方が、(超微細エネルギー加工」)」ということは、その面を裏返しにして置けば


反時計回りになるということです。

Sにそのことを訪ねると

それは計算通りだから。

「あえて位相反転させているんだ」 と言いました。
B2008-5-27-2.jpg



じゃあ微細エネルギーを時計回りにした根拠は?
と訪ねると
「それだけは、直感だね。」と珍しく曖昧なことを言いました。


そして彼が最後に言った言葉は

「これは素晴らしい理論に裏付けされて出したアイデアなんだが、音がよくなるかどうかは俺には分からない。」

と言われました。

思わずズッコケてしまったのですが、それは私の仕事なので私が徹底的に比較試聴しました。


結論

ただ置いただけでは、場所によって効果がマチマチ。

蛍光灯やペンライトを近くから照らすと、どこにおいても効果有り。

という結論に達しました。下のペンライトは、秋葉原のガード下で売っていた980円のものです。
B2008-5-27-3.jpg

ただ、スピーカーの上に置いたときと、分電盤に貼付けた時は、光を照らさなくても凄い変化がありました。

もう一つの問題は 超微細と磁化反転の音の違いですね。
でもこれはHPに掲載している通りです。

超微細エネルギーは非常に繊細でみずみずしい音
磁化反転光電処理は開放的で伸びやか音。


Sには感謝の気持ちも込めて完成品を何枚も送ってあげました。彼もオーディオは好きなので(但し20年前に購入したシスコン)確かめてもらったのですが、

「やっぱりテレビと電子レンジが一番効果あるね」

とまた訳の分からないことを言っていました。




磁化反転光電処理 | 19:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。