■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
美味いしぞ。かつお節。
私はすっかり、この 皇帝シリーズの 味噌、醤油、石鹸、かつお節にはまってしまいました。

本当に 美味しいです。

(石鹸は別ですが。笑)


味に関しては 絶対の自信がありますので、ぜひお試しください。


下の写真は  豆腐にかつお節をかけて 皇帝醤油をかけて食べた写真です。 

こだわりの国産大豆豆腐
B2008-6-6-1.jpg

究極のかつおぶし

B2008-6-6-2.jpg


豆腐の上には早くもネギスタンバイOK

B2008-6-6-3.jpg

その上からかつお節をふりかけ
B2008-6-6-4.jpg

そして皇帝醤油をかけます。
B2008-6-6-5.jpg


う、うまい 、うますぎる。

ビールもおいしかった。 本当に幸せです。


ところで、なぜこのかつおぶしはこんなにおいしのでしょうか。

ここで1つ秘密を明かします。

株式会社皇帝塩本舗 より

いいもの見つけた

今回は 「だし」の皇帝ともいうべき

「かつおぶし」についてのお話しです。

「かつお」といえば土佐(高知県)の一本釣り、「かつおのタタキ」しか知らなかったんですが、どうやらこのような魚油が良くのっているような「かつお」は「さしみ」や「タタキ」に適しているそうで「かつおぶし」には不適だそうです。もっと驚いたのは「かつおぶし」にとってよい漁場は太平洋の真ん中、赤道付近でとれた「かつお」が最高だそうです。た、太平洋の・・・、熱帯じゃない・・・? 暑いよね?

その長所としてあぶらが少ないので、

①香りがよい ②味がよい ③だし汁が透き通る

そうです。魚介類は北方で獲れたものが最高と思い込んでいたのですが、言われてみると納得するのはあぶらが多いと「かつおぶし」を作る課程で酸化して腐敗していますし、味も落ちて、香りも悪くなるし、いいことありませんね!

実はこれだけではないのです。奥が深いのが同じ漁場でも漁法によって質がまったく違う「かつおぶし」になるそうなんです。その漁法には「まき網」と「一本釣り」というのがあって、網でザバっと大量に獲る方法が一般らしく、面倒くさい「一本釣り」はよほどの「こだわり」か「変わり者」しかやらないそうです。「一本釣り」にこだわる人に話を聞くと「かつおぶし」は「生かつお」の肉質で品質が決まるそうで、「まき網漁」だと5~6時間かけて大量の魚を網に追い込むので、捕獲したときには高い水温とストレス等でその肉質が極端に悪くなるそうです。それに比べて「一本釣り」は新鮮な「かつお」を一本ずつ釣って、すぐ冷凍するのでストレスも少なく、肉質は最高とのこと、味はマイルドでおいしく、香りが最高とのこと。さらにかつおぶしを製造するときにチーズにカビを付けて熟成させるのと同様にカビを付けて熟成(発酵)させ、うま味を引き出します。
とくにかつおぶしを削って「花かつお」にするとその違いがハッキリわかるそうです。スーパーで安売りしている「かつおパック」は「まき網で長時間かけて大量に撮ったカツオをてまをかけずにかつおぶしにした、大量生産かつおぶし」だそうです。

この「赤道付近で一本釣りして、すぐ冷凍したカツオ」を原料に手間暇かけて3回もカビ付けを繰り返したすぐれもの。

つまり、高級料亭ご愛用の最高級の「枯本節削りぶし」を皇帝サポーター様専用に製造していただきました。

通常は料亭用なので小分けはいたしてませんが無理を言って製造していただきましたので

市販はされていません。

あったかいご飯を皇帝塩でにぎり、中には皇帝醤油をかけたおかかを入れて
「がぶりっ」、たまんないですよね!

日本人に生まれてきて良かったと思う瞬間です。


----------------------------------------------------------------
広瀬 より

市販していない、高級料亭 「和の極」みたいですね。

 B2007-10-7-5.jpg





スポンサーサイト
超微細の秘密 | 16:38:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ビームライトTBについて
ビームライトTBについて

超微細エネルギーは、光、電気、音といったエネルギーを利用します。そして、光のエネルギーが強いほど、超微細エネルギーの効果も強力になっていきます。それは、超微細エネルギーが電磁波とは違う波長成分だからです。

超微細エネルギー自体が持つエネルギー量は決して多くはありませんから、はやり何かの力を利用しなくてはならない訳です。その為に最も効率がよいものは光です。

昔ORZさんと面白い話をしたことがあります。

広瀬「光に超微細エネルギーが乗るということは、マイクロ波や携帯電話の波長帯域(mhz)などにも乗るということ? 」
ORZ「当然乗るでしょう」
広瀬「じゃあ、人工衛星にAngelコースターを乗せて電波を発信したら、アンテナも電波と一緒に超微細エネルギーを受信するかな?」
ORZ「それは、不可能なことではない」

まあ、そんなことはあり得ない話ですが、夢はありますよね。
多くの人が健康になるかも知れないのです。ただ、Angelコースターではエネルギー弱すぎで、
電波発信器自体を加工処理してしまえばよいわけです。


ビームライトTBというのはまさにそのようなもので、市販で売られているLEDではもっとも強い光を出します。

それをまともにオーディオ機器に照射するのですから、その効き目は半端ではありません。


始めてこの製品を使用したとき

「こんなオーディオアクセサリーが

世の中に存在してよいのか。」


と思わず叫んでしまいました。

B2008-5-29-1.jpg

本文の中にも


「7月この製品を実験していたとき、たまたま大阪から出張で来られたお客さんが、このビームライトTBの実験に立ち会い「CDプレーヤーを新しく買おうと思ったが、こんなに効果があるなら、買い直すのを止めて、このライトを買う」と言ったほどです。」


とあります。あれは本当の話です。
実際に注文が来て、つい2日ほど前に納品しました。
B2008-5-29-2.jpg


現在もたくさん受注を抱えていて、生産が追いつかない状態です。

下記が最終的な仕様です。

仕様

○本体
 ・超強力アレイタイプ10W型青色LED(17.5V 0.6A~0.7A)
 (複数の小型LEDが数十個1チップに内臓されています。ただし発熱が非常に多いため
  電流値を定格の7割程度に絞っています) 

 ・チップ光強度:120ルーメン(定格)
  (あまりにもすごい光なので青色フィルタをつけてあります。微細エネルギーは非常に
   強力に浸透しますので、アルミやフィルタは素通りしてしまいます。電流絞ってもあま
   り光度は落ちないようです)

○ACアダプター 
・小型大容量スイッチングACアダプタ
 ・定格:19.5V 2.3A
 ・PSE規格取得済品


こまちゃさんも、プロトタイプを使用していて、早速感想が来ました。

「肉料理やてんぷらに照射するとめちゃくちゃに美味しくなります。恐ろしいです。
ビールにはほんの数秒ぐらいで十分で、それ以上当てると味がまろやか過ぎて美味しく
ないです。肉料理でも10秒かそこらで十分です。」


まあ、料理ならばTB青丸、Angelコースターでもよいのでしょうが、「オーディオは本当に参ったな」という気がしてなりません。


真のオーディオマニアであるならば、

これは1台持っていなくちゃ

と心よりお勧めできる製品だと思います。(嘘偽りはございません。)


ビームライトTB | 14:03:50 | Trackback(0) | Comments(0)
超微細エネルギーの秘密 その2
超微細エネルギー開発者はかつて私にこう言いました。

「ある物質が人間の体に対して効果を発揮するのは、

その成分ではなく、その成分に付随する物性的波長が原因である」


その話を聞いた私は思わず絶句。しかし、本当の意味はよく判っていませんでした。
しかし、その後色々な勉強をしてその意味がやっと分かってきました。

一番判りやすい例は

天然 ビタミンC = 化学合成された ビタミンC(アスコルビン酸) 

これは色々なところで話題になっている話です。

「天然のビタミンCとアスコルビン酸は化学的な構造はまったく同じで人に対する効果効能も同じである。」

これは多くの学者が唱えていることです。しかし、その一方で、化学的に合成された物質は人間にとってすべて悪いと、唱える学者もいます。(少ないですか) 

この事実は「普段私がオーディオであやしいなぁ~」とかいっているとは事象とは比較にならないくらい

1000倍ぐらいはあやしい話だと思っています。

私の結論は

化学合成された物質は人間にとってよくない。

そう思っています。

よく自動販売機やコンビニで ビタミンC OOOミリ配合 レモン10個分とかいうジュースがそういう物を飲んで、本当に体に効果がある気はしないのです。

もっといえば、大手製薬メーカーが作っている栄養ドリンクも信用していません。


天然 ビタミンC ≠ 化学合成された ビタミンC(アスコルビン酸)

天然 ビタミンC が 化学合成された ビタミンC(アスコルビン酸)と同じ効果を発揮しないという根拠は、

その物性の持つ波長成分の違いです。


(みなさん大笑いして下さい。でも私は真剣です。) 

でも間違ってもこんなことを学者や専門家にまともに質問しないで下さい。
「この人頭おかしいんじゃないか」と言われるのが関の山です。でも皆さん、これは超微細エネルギー的発想からすれば、事実なのです。


7/19日にこのブログで


1.成分は皆同じように入ってるのに何故効き目が異なるのか。また価格は何故マチマチなのか?
2..健康食品市場は1兆円市場、といわれているが、はたしてそれで病気は減っているのか?

その答えはこれです。

「現在市場に出回っている健康食品やサプリメントの多くは化学合成された成分を使ってるから。」
と私は思っているのです。

下の写真はローカルメールオーダーでも長年発売している、スーパーツァウバーという商品です。

B2008-5-31-2.jpg


この部分に 「スーパーツァウバーは、必須アミノ酸とアミノ酸が複数個つながった自然素材のナチュラル・ペプチッドが主成分です。化学合成の薬品は一切使用していません。」

とわざわざ書いてあるのです。

それは逆に言うと 化学合成の薬品が入った健康食品がたくさんある
という裏返しなのです。

下の写真は、この間ブログでも紹した。「こんな健康食品では寿命が縮む」という本です。

B2008-5-19-1.jpg

この中に下の写真のような ●合成の栄養補助食品の原価表 というものがあります。
B2008-5-31-1.jpg

こんなの見せられたら恐ろしいですよね。

ただ、この本に書いてある、「光学異性体」についての話は、かなり誤解を招くような書き方がされています。


以前「和の秘湯」の保存状態を長くするため、ビタミンCを入れるという話をしたことがあります。

覚えているでしょうか。

開発者は 和の秘湯にわざわざ 「天然のビタミンC」を配合しました。

私が「特に飲むものではないんだし、そこまでするのか、すごいな。」と訪ねました、

何故なら、天然と化合物では、物の原価が全く違うからです。


「天然じゃなければだめだよ。それだけでバランスが崩れるから。」

と開発者は答えたのです。


和の極 和の秘湯、空間化粧水「れでぃ~すぅ~&じぇんとるめぇ~ん」この3つに共通するキーワードはなんだと思いますか?

すべて天然の素材を使用してることです。

和の極みなんか、完璧にナチュラルですよ。和の秘湯にしても、世間一般で売られている入浴剤の成分をよく見て下さい。いかに色々な物が混入されているか一目で分かります。


そして、森のスピーカー響 や たまや2号 はヒノキの1枚板、そして天然素材の塗料を使用しています。

これも、超微細エネルギーのポリシーなのです。

でも何故超微細エネルギー製品は天然の素材を使用するのでしょうか?

それは、超微細エネルギーが天然の物に対して

最大限の効果を発揮するからなのです。

人間も当然天然物ですよね。爆)



超微細の秘密 | 20:00:55 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。