FC2ブログ
 
■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
磁化反転光電処理の正体。

磁化反転光電処理の波長成分は

磁化反転光電処理 推定 10-23乗

といっているのですが、その元となる成分はなんだったのか、それは今からさかのぼる事10数年前
出来事です。

開発者は、今から数億年前に宇宙からやってきた、大変珍しい隕石に偶然手に入れました。
その隕石は誠に不思議なもので、放射線も遠赤外線も出さないという、とても不思議なものだったのです。
yujun.jpg


その鉱石を専門的に分析していた科学者は、

とても微細な波長を出す鉱物である。

この微細なエネルギー波長は、地球上の

あらゆる生命に対して有効な波長である


と言いました。しかし科学者は

使い方を誤ると、とても危険なものにもなる。

とも言っていました。その科学者はORZの事を当時から高く評価していたのです。

そして、その時から、微細エネルギー物語が始まったのです。

その後この波長成分を彼はそっくりコピーすること成功したのです。

開発者ORZの高い技術力は、そっくりその波長をコピーすることだったのです。


スポンサーサイト





磁化反転光電処理 | 19:49:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する