■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
磁化ライト
ついに、磁化ライトを販売してしまいました。

その前に 「極超微振動理論」についてお話しします。

超微細エネルギー加工製品を販売して、もう10ヶ月経ちました。あっという間の出来事だった気がしています。

今回磁化ライトを販売するに当たって、「1つの区切りがついたかな。」と思っています。その結論とは


「人間の細胞の揺らぎが変化すると

音が変わって聞える」


ということだったのです。今まで 「何時言おう。何時言おう。」と思っていたのですが、一応すべて「無、超微細、磁化反転」製品を出したことによって、踏ん切りがつきました。


細胞が揺らぐ というのは「生物の最も基本的な構成単位」だからそう言っているのですが、本当はもっと小さなところ(細胞を構成している物質」が揺れている訳です。


人が「今日は調子がよいなぁ」と思うときは、一定のリズムで細胞が揺れているらしいのです。
そんな時に超微細エネルギーを当てたり、無を近くに置いたりすると、その細胞の揺らぎに変化が起こるのです。

それでは、皆さんがよくご存じの 電磁波は、

細胞の揺らぎを乱します。

それ以外にも、ストレス、喫煙、化学物質、等々 いろいろあるわけです。

それに付随するような、活性酸素やフリーラジカルの話も、細胞の揺らぎと密接な関係があるようです。

だから、細胞の揺らぎというものは非常に大事なわけです。


しかし、いつも乱れているのです。上のような条件で、だから、無だったり、超微細エネルギー加工なのです。

●無(mu) 宇宙の卵:
荒れた波長を平均化しようとする。
●超微細エネルギー:
大自然の緩やかな波長を細胞が浴びることにより、細胞自体が自然の揺らぎと同調する。
●磁化反転光電処理:
細胞に対して少し強い刺激を与えることにより、細胞の活性化を促す。(一種の興奮状態を作り出す)


昔開発者 ORZ 電磁波について 議論しました。

広瀬 「電磁波は本当に体に悪い」
ORZ 「いいわけないよ。あんなもの」
広瀬 「じゃ、どうやって防ぐ」
ORZ 「防ぎようがないわ。 無人島にでもいかないか限り無理やな」
広瀬 「じゃあどうする」
ORZ 「無を近くにおいて、Angelルームライト浴びとけばいい。」
広瀬 「でも、電磁波は防げないよね」
ORZ 「電磁波はいくら浴びたっていい。そのかわり、超微細エネルギーも同時に浴びれば、電磁波よりも遙かに細かな波長が、原子レベルに届く。まして、超微細エネルギーの波長は短すぎるから、電磁波に乱される心配もない。そうして、細胞の揺らぎは安定する。」


ようするに 電磁波レベルよりも細かな波長は、電磁波とは相互干渉しないのです。
よく考えれば、光だって一種の電磁波ですよね。

たぶんこれで、超微振動理論 については理解されたことと思います。

ここから先は持論で、光るコースターや、Angelルームライトで、音は変わっていない。変わっているのは人間で、それは細胞の揺らぎです。だって人間の細胞は60兆個もあるのですから。


ところで、幸福の木の 実験はどうなったと思いますか。


何と見事に枯れました。

B2008-5-10-1.jpg



これには訳があるのです。

開発者からは 間違っても 「磁化ライトの連続照射するなよ。枯れちゃう可能性があるから」といわれていたのですが、

1日約10時間、連続照射しました。(約一月)

それには2つの訳があります。


1. 開発者のいうことは本当か

2. 「青い光が原因で、植物の育成がよくなっているだけ何じゃないのか」と多くのお客さんに言われたから。


特に2番目は一番気になるところでした。ただみての通りです。約1ヶ月で完全に葉っぱが落ちました。元はただの電球型蛍光灯ですから。いくら連続点灯したって枯れちゃうのはおかしいはずです。

左にある白い鉢は、開発者ORZの言うとおり、1日1分 2回 ライトを浴びせていたので、とても元気に育っています。

このように、磁化ライトは薬にも毒にもなるようです。

(こんなことは、学者や知識人に言っても信じてくれる可能性は少ないので、あまり人には言わないでください。)

ただし、体が思わしくない状態のときや、心が病んでいる場合 、近くでこのライトを浴びれば凄いことが起こるのです。

音も同じで、


こんなに、開放的に音を聴くことが出来るも

のはそんなに多くはないはずですよ。


B2008-5-10-2.jpg
スポンサーサイト


磁化反転光電処理 | 11:52:20 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
お邪魔しました。
よければ私のブログも覗いてみてくださいね^^
2008-08-11 月 20:21:50 | URL | あち [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。