FC2ブログ
 
■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ミラクル・スピン(Miracle-Spin)
本日の話題は、ミラクル・スピンについてす。

実はこの製品の構造については、私やORZが開発した物ではないのです。
私の友人Sという人物がこの製品を開発したのです。
理工学部出身のSは某企業の研究所勤務です。そして、ローカルメールオーダーの隠れファンであり、同時にアンチローカルメールオーダーファンでもあるのです。

よくアンチ巨人ファンという言葉がありますが、あれは私流の解釈からすれば、熱狂的ファンということだと思います。昔私の知り合いにも、そういう人間がいて、巨人戦を見ながらいつも「負けろ、負けろ、打たれろ、打たれろ」とブツブツ言いながらテレビを見ていました。翌朝の新聞も必ずチェックしています。

私からするとそんな人間は絶対に


熱狂的ファンなのです。

Sというのは、大体そういうタイプの人間で、
私がローカルメールオーダーのHPを更新すると、必ず電話やメールをしてきて、

「又こんなあやしいもの販売するの、

信じられない」

と茶々を入れるのです。

そんな彼も、何故か超微細エネルギーだけは興味があるらしく、滅多にローカルの製品は買わないくせに、これだけは購入したのです。
(しかも、Angelコースターをお友達価格で)

そんな彼はノマールの人間かといえば

全然そうではありません。私から見るととても不思議な人間なのです。


ある時彼といつもの調子で口論となったとき

「人のことけなしてばかりいないで、少しはアイデアだしてローカルの販売に協力しろ。」

というと、

「あるよ。とっておきの温めていたアイデアが」

と言い出しました。


何それ

「電磁波を仮想的にスピンさせることができる形状があるんだ。今までの超微細エネルギーの説明を自分なりに解釈すれば、電磁波を反射させるような物体(金属)でその模様を作れば、きっと面白いことが出来るよ。」

そういわれました。

その後彼から、具体的な図面が送られてきました。

それを見てビックリ。

何これ

S   「これは、液体を攪拌する為に適した形をしているんだ。」
広瀬 「液体て、電磁波の話だろう」
S   「研究して分かってきたことなんだが、液体の上を伝わる波も、電磁波の波も基本的な構図は一緒なんだ。そして、この形は間違iいなく、理想的な渦電場を作る形状と私は確信している。また電子のスピンとも相性がいいはず。」

といわれたのです。


その話を聞いた私は、

何が何だか全く分からずチンプンカンプンでした。

ただ彼が こんなに真面目に物事を語るのは初めてでした。、どちらかというと2人でいつもオチャラけて冗談話ばかりしていたものですから、彼の言葉を信用してみることにしたのです。

早速ORZさんに連絡しました。私の頭の中では金属をこんな加工にしてくれるのは、無(mu)を製作した彼しか思い浮かばなかったからです。

最初は思いっきり拒否されたのですが、何とか説得して加工してくれたのです。

それが、ミラクルスピンです。
B2008-5-27-1.jpg



ORZさんも私の友人Sが気にいったらしく、「どうせなら、表と裏違う処理してみようか」
といわれました。


だから、ミラクルスピンは正面から見て

先端がとがっている方が時計方向に向いている方が、「超微細エネルギー加工」
先端がとがっている方が反時計方向に向いている方が「磁化反転光電処理」

になっているのです。

一応確認のためORZに、「ごちゃ混ぜにはならないよね。」と尋ねたところ、「それは心配ない、空中に吊したり、液体の中に入れたりすれば別だけど、しっかり面に向かって置いた場合は問題ない」といわれました。(これもある意味意味不明ですがね。爆)

ただ1つ疑問が起こりました。

正面から見て「先端がとがっている方が時計方向に向いている方が、(超微細エネルギー加工」)」ということは、その面を裏返しにして置けば


反時計回りになるということです。

Sにそのことを訪ねると

それは計算通りだから。

「あえて位相反転させているんだ」 と言いました。
B2008-5-27-2.jpg



じゃあ微細エネルギーを時計回りにした根拠は?
と訪ねると
「それだけは、直感だね。」と珍しく曖昧なことを言いました。


そして彼が最後に言った言葉は

「これは素晴らしい理論に裏付けされて出したアイデアなんだが、音がよくなるかどうかは俺には分からない。」

と言われました。

思わずズッコケてしまったのですが、それは私の仕事なので私が徹底的に比較試聴しました。


結論

ただ置いただけでは、場所によって効果がマチマチ。

蛍光灯やペンライトを近くから照らすと、どこにおいても効果有り。

という結論に達しました。下のペンライトは、秋葉原のガード下で売っていた980円のものです。
B2008-5-27-3.jpg

ただ、スピーカーの上に置いたときと、分電盤に貼付けた時は、光を照らさなくても凄い変化がありました。

もう一つの問題は 超微細と磁化反転の音の違いですね。
でもこれはHPに掲載している通りです。

超微細エネルギーは非常に繊細でみずみずしい音
磁化反転光電処理は開放的で伸びやか音。


Sには感謝の気持ちも込めて完成品を何枚も送ってあげました。彼もオーディオは好きなので(但し20年前に購入したシスコン)確かめてもらったのですが、

「やっぱりテレビと電子レンジが一番効果あるね」

とまた訳の分からないことを言っていました。


スポンサーサイト





磁化反転光電処理 | 19:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する