■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
超微細エネルギーの秘密。 その1
ところで、「超微細エネルギーについて、いまいちよく分からない」と思っているお客様は、まだまだたくさんいるのではないでしょうか。

「私自身、説明不足かな。」と思ったりしているのですが、「説明すると言うことは非常に難しいことだ」と、いつもながらに思ってます。

じゃ まず結論から

超微細エネルギーとは

植物、動物、人、といった生命体を構成する細胞や、そこに寄生する微生物、細菌に対してよい影響を与えるもの。

それが超微細エネルギーの真実です。

これにはもう一つ重要なキーワードがあります。

物性的波長

というものです。

まず一つずつ順を追ってお話ししていきます。


例えば、ここに2つの水があります。

1つは、水道水
2.つは、天然水(世間一般に美味しいといわれている水)

これを飲んだときに、味に違いがあることは誰でも分かると思います。それは、水道水には塩素が入っていたりするからです。でも最近はよい浄水器が出回っているので、そういう物を付ければ、塩素は除去できるし、不純物を取り除くことは出来ます。でもそういうことをしたからといっても、やっぱり、天然水の方が美味しいと思うでしょうし、体に対して優しい感じがするのではないでしょうか。


それは何が違うのかと言えば、

天然水には豊富なミネラル成分が

入っているからです。

でも不思議ですよね。ミネラル成分(カルシウム 、ナトリム、カリウム等)は目では確認出来ないし、臭いも無い、でもそれを飲むと美味しいと感じる。

これは、超微細エネルギー的角度から物事を見た場合、

細胞は物性的波長を見極めているから、

私どもでは解釈しています。 (のっけから大笑いされた方もいるでしょうが、そっれは間違いのない事実なのです。)

 カルシウム、ナトリウム、カリウムなどといったミネラル成分は、それぞれ違う波長成分を持っていて、その波長成分を細胞や腸内細菌は一瞬にして見分けることが出来るのです。


ちなみに、その水の中に少し毒物(お腹が下る程度)を混入したとします。さてあなたの体にはどのような変化をもたらすでしょうか。


たちまちトイレに直行

となります。それは、細胞がその毒物の波長成分を見抜いたからです。

勿論この話はあくまで仮説で、学会等で認められている物ではありませんが、開発者ORZも私(広瀬)も間違い無いことと確信していることなのです。

何故トイレに直行なのか?

それは当たり前の話なのです。そんな物が体に残っていたならば、体の中に毒が回ってもっと大事な部分を痛めつけてしまうか可能性があるからなのです。

少し話を変えます。

それがウイルスならばどうでしょうか。

風邪は誰でも一度くらいはかかる病気です。その原因のほとんどはウイルス感染による物ですが、でも私達は感覚として自分の体の中にウイルスが侵入したことは気がつきません。

まして、小さすぎて目に見えません。

でも細胞や腸内細菌は ウィルスにすぐ気がつくことが出来るわけです。それは凄いことですよね。
だって細胞には目も耳も無いわけですから。


細胞は一瞬にしてウィルスの波長成分を関知し、関知した情報を各臓器の細胞に発信している。
と考えています。(仮説です。)
B2008-5-30-2.jpg

病気にならない生き方 2 実践編 の著者 新谷先生はその本の中で「細胞と微生物はコミュニュケーション(情報交換)している」と言っていますが、これは間違えの無い事実だと思っています。

超微細エネルギーはそれらの情報が正しく伝達されてることを助ける働きをすると考えられています。

私は今までオーディオの分野から物性的波長について述べてきたのですが、その話を全く違う物に置き換えると、自然と受け入れられるような気がしませんか。


よく世の中には

目に見え無い物は信じられない

目に見える物こそ真実である


とか言う人がいますが、逆に私は
「ウィルス見えますか、水の中に入っているミネラル成分はは見えますか」
と、そういう人に問いかけてみたいのです。


では何故、一瞬にして波長成分の違いを見抜くことが出来るのか?それは細胞の中にある遺伝子が生命が誕生していらいのデーターを持っているからです。そのデータは膨大なものだとおもいますが、
そのデータがあるからこそ、私達の体には免疫機能が携わっているのです。

生命誕生から数十億その情報は受け継がれて現在の生命があります。そういう過去の膨大なデータベースの中から

「危険なもの、そうでない物を」

細胞は一瞬で見抜くことが出来るのです。

そういう意味で言えば、現在の我々の生活は非常に危険です。

それは、過去生命が経験したことのない様な環境の変化により、細胞自身の判断力が鈍ってきているからです。

現在私達人間が直面している様々な危機を羅列しておきます。

1.かつて無いほど、電磁波を浴びている
2.かつて無いほど、大気が汚染されている。
3.かつて無いほど、水が汚染されている
4.かつて無いほど、土壌が汚染されている。
5.かつて経験したことのない、薬を飲んでいる
6.かつて無いほど、食品添加物を食べている
7.かつて無いほど、化学合成された物質を摂取している。


ひどいですよね。

こういった生活をしていけば、ガンや糖尿といった生活習慣病やアトビー、花粉症などが増えるのは
当たり前なのだと思うのです。

そういう物を何とか改善と思っているアイテムの一つが超微細エネルギーなのです。


ここで一つご報告

かつて、磁化ライトを浴びせ続けて、葉が枯れてしまった幸福の木ですが、新しく芽を出しました。
わずかな可能性にかけて、Angelイルミネーションブルーの側に置いていたのです。

B2008-5-30-1.jpg



よく見てもらえば判ると思いますが、Angelイルミネーションブルーに向かって芽が出ています。
単なる偶然でしょうか?それとも

この話は明日も続きます。


「ゆがんだ物性的波長

を本来あるべき姿に戻す。」

というテーマです。これは世界中の学者も医者も研究者もほとんど知らない本当の?話なのです。
爆)

お楽しみに。
--------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト


超微細の秘密 | 11:08:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。