■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ふぞろいなプラグたち モニター報告 その3
本日のテーマは、ふぞろいなプラグたちモニター報告その3です。

お客さんの意見というものは本当に貴重だなと再認識させられました。

超微細エネルギー加工製品特にプラグ等は多少のエージングが必要だと
思います。今後購入のお客様も「アレおかしいな」と思ったとしても2
~3日様子を見て下さい。

B2007-9-22-1.jpg


『不揃いなプラグたちモニター報告』
S/A LABのハイエンドホースシリーズ、SACの両端プラグを、マリンコオ
ス+USA製491(フォーナインエース)ロジウム・メスの超微細エネルギ
ー加工プラグに付け替えてみました。電源タップはCHIKUMAのCPS-230
です。

プレイヤーはマランツのCD4000、デジタルアンプにDrAMP HiFi OjiSpeci
alを使ってます。ケーブルSACは高域と低域がやや強調されますが、明る
く元気のよい音調です。

届いたその日、プラグを取り付けた直後の音は満足できるものではあり
ませんでした。上記のような音調のケーブルにもかかわらず、静寂さは
感じられるが、躍動感が感じられず、つまらないケーブルになってしま
ったと思いました。

それで2日ほど、音楽用途に使うのをやめ、ハロゲンヒーター用に使っ
てました。こちらのほうは直後から、通常少しきつい感じの熱が、やさ
しく芯から温まるヒーターにまろやかに変化したのが分かりました。

 数日後、再び音楽を聴いてみて驚きました。失われたと思っていた躍
動感と、静寂さが融合したような、元気があるんだけど、聴き疲れのな
い音に感じられたからです。まるで、わたしの好みの音調に、超微細エ
ネルギー加工プラグが微調整してくれたかのようです。
ケブタテープもチューニング後、数日間の潜伏期間のようなものがある
みたいですが、これも同じように感じました。

購入直後、満足できない音質でもしばらく消費電力の大きな家電を使用
して、電源ケーブルのトレーニングをしたらいいのかもしれません。

 この超微細エネルギー加工の製品が登場した時期は、私にとって深い
意味があり、何か新しいエネルギーの可能性を感じます。例えば、聞き
手によって音が変化したり、同じ聞き手でも日によって、音が変わった
ように聞こえるかもしれません。ほかにも電子レンジや、ドライヤー、
電動シェーバーなどで試してみたくなる、楽しめそうな製品でした。


スポンサーサイト


超微細エネルギーACプラグ | 23:20:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。