■プロフィール

広瀬 学

  • Author:広瀬 学

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
月光、AC-33jp(超微細エネルギー加工) モニター報告
久々オーディオの話題です。
月光の良さは少しずつ理解されて来ているようです。

3つの理論を1つにまとめたものです。

無の理論

超微細な世界では、オーディオ機器も生体も、あらゆるエネルギーが入り込んで、緩衝や共鳴を繰り返し、緩衝後の余剰なエネルギーが微細な電流となり帯電しています。
無の技術とは、超微細な構造の中で波動(ゆらぎ)を変換し、限りなくゼロ(無)の状態にしてしまうものです。

青い光

磁石や光りはエネルギーを変換するものとしては非常に優れた物質です。何故、「森の電源タップforPcは磁石が付いているのか」という問い合わせがありましたが、「わざわざ磁石付きのもを選定した」というのが正しい答えです。しかし、月光に関しては、最初から青い光りが照らされていますので、わざわざ磁石をつける必要はありませんでした。


超微細エネルギー

大自然が持つ穏やかな波長。人間が介していない奥深い山々で、朝陽とともに周辺へ滞在する超微細なエネルギーのこと。


エンポケからのひつの提案

無(mu)+森の電源タップforPc+Angelルームライトを直径1m以内の範囲に置けば、理屈的には月光(Gekko)と同じような環境になるはずです。実際効力としては、無(Mu)の方が
無にする力は強力です。

愛知県 I様

B2007-11-28-1.jpg


1.月光

まずは全体について。凄く素敵なデザインですね。
存在感があります。また、斜めになった部分にコンセントがあるのも秀逸。抜き差しがやりやすいです。

さて、これをどこに使うかしばし悩みましたが、えいやぁっと決めたのが、壁コンと2つのベータージーニアスの間です。ベータージーニアスの先には、テレビやビデオ、アンプ、LD-DVD-CDプレーヤーカセットデッキなどなどが繋がっております。

月光は電源ケーブルが付属していないので、手元にあまっていた、CSEのロジウムメッキプラグとフルテックのFI15に8Nスピーカーコード+いろいろで自作したケーブルを使いました。
大昔のレゾナンスチップの掲示板に詳細を報告したものです。しかし、作った自分も詳細を忘れています。

早速聴いてみました。
既にモニター報告されているように、中域の音の出方がすばらしいです。一気に音量が上がります。特に中低域の音の出方にはびっくり。デンオンD-602Fからこんな図太い音が出るようになろうとは。
ただ、相対的に高音域がやせるので、ちょっと鼻づまり感があります。



2.AC-33jp(超微細エネルギー加工)

上記のような不満を持ちながら、電源ケーブルのプラグ類を次のモニター製品、
AC-33jp(超微細エネルギー加工)に交換しました。

聴いてびっくり。中高域の詰まった感じが一気に解消しました。実に伸びやかです。「ホチキッス」のホールのエコーが気持ち悪いくらい出ています。このケーブル、月光とピッタリ合うようです。夜中にもかかわらず、しばし、色々な曲を楽しみました。

スポンサーサイト


月光(Gekko)  | 20:31:45 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
月光
音量が上がるのは極性が逆になっているのではないでしょうか?
2008-01-13 日 09:41:37 | URL | Noda [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。